【肉の暴力】バーガーキングの『超ワンパウンドビーフバーガー』を食べてみた / ヤケクソ気味に押し寄せる4段重ねの肉



全国のバーガーキングにて、2020年3月27日の14時から『超ワンパウンドビーフバーガー』が販売開始。4月2日までの期間限定だ。こちら、デフォルトで他のバーガーチェーンを圧倒するバーガーキングのデカいパティが、4枚も挟まっているという。

おいおい、バーキンで4段重ねはヤバいだろ。カロリーどうなってんだ。肉の暴力で死んでもおかしくない気がする。まあ、それはそれで本望かもしれない。とにかく食べてみたぞ!

・各日14時から販売
ちなみにお値段は、単品で税込み1180円。Mサイズのセットだと税込み1420円。数量限定だそうで、売り切れ次第販売終了になるとのこと。また店舗によっては取り扱いが無かったり、販売終了日が違っているそうだ。

そして販売開始も14時からだったが、提供期間中は各日14時からの販売なので、その点も注意してほしい。

ということでさっそくオーダーし、10分ほどで提供。

今回は肉の厚さをより実感するため、そしておそらくはぶ厚くてかじり難いことを想定して、注文時に「ハーフカット」でお願いしておいた。半分にカットしておいてくれるサービスである。それではご覧に入れよう。これが……

4段重ねの……

_人人人_
> 肉 <
 ̄Y^Y^Y^ ̄


・ハーフカットがいい
バーキンのパティが直火焼きで香ばしくて美味いのは皆さんご存じのことと思うが、4段重ねになったおかげで焼かれた肉の香ばしさも圧倒的。肉でむせ返るレベル。

肉が増えたため、チーズや野菜の割合は相対的に減少することになるが、肉が多いというのは何にも勝ることだと思うので特に問題はないだろう。ああでも、4枚の肉の間に1枚ずつチーズが挟まれていたらそれはそれで嬉しい気もするが。メタボが加速する。

ちなみにハーフカットしてもらったのは大正解だった。ぶっちゃけカット済みでもデカくて顎が外れるかと思ったレベルなので、カットされていなかったらけっこう食べ辛い気がする。

顎がメガマウス並みに開く人でも、きっとどこかでバランスを崩してバーガーが崩れてしまう危険があるだろう。店員さんの手間は増えてしまうので心苦しいが、消費者目線では『超ワンパウンドビーフバーガー』を注文する全ての人にハーフカットをお勧めしたい

食べやすいという他にも、半分にされた4段重ねのバーガーというのはなかなかに見ごたえがあるというか、それだけで満足度が高い光景だしな。最後に繰り返すが、『超ワンパウンドビーフバーガー』は2020年4月2日までの期間限定

1週間しか販売されない上に、首都圏では土日の外出は自粛するよう要請も出ているため、この土曜日と日曜日ははばかられるところ。ということで、食べたい人は実質27日を含めた平日5日間のうちに急いでバーガーキングにGO!

参照元:バーガーキング
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ