『トニー賞』新型コロナの影響で開催延期

エンタステージ

2020/3/26 18:39


014380.jpg

6月7日にニューヨーク市のラジオシティミュージックホールにて開催を予定していた『第74回トニー賞』が延期されることが分かった。CBSとの調整により、後日再スケジュールされるとのこと。

これに対し、主催差側は「ブロードウェイ・コミュニティ、アーティスト、ファンの健康と安全は、私たちにとって最も重要なことです。ブロードウェイが再びオープンした際に、新しい日付と追加情報を発表します」とコメント。

「トニー賞」は、世界最高峰の演劇・ミュージカルの祭典で、1947年に設立。米国の商業演劇事業者団体「ブロードウェイ・リーグ(The Broadway League)」が定める約40の劇場で、対象期間内に開演した作品を、その年の対象作品として評価してきた。

通常は毎年5月にノミネート作品を発表、翌月の6月初旬に授賞式を開催。日本では、2014年から毎年WOWOWが授賞式を同日通訳と字幕で生中継している。

ブロードウェイは、3月12日から1ヶ月間、全劇場を閉鎖している。なお、演劇関係者では、ドラマ『ゴシップガール』や映画『レ・ミゼラブル』でアンジョルラスを演じたアーロン・トヴェイトが検査を受け新型コロナウイルスに感染していることを公表。アメリカを代表する劇作家の一人でトニー賞を4度受賞しているテレンス・マクナリーが新型コロナウイルスに伴う合併症のため死去している。

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ