【マスクで肌荒れ】痒い!ボロボロ!マスクや消毒で荒れた肌や手指の時短ケア

OTONA SALONE

2020/3/26 18:30



新型コロナウィルスへの警戒が続いている今、頻繁な手洗いや長時間マスクを装着していることからの肌不調に悩む40代女性も少なくありません。

言うまでもなく、美容よりも感染症対策を優先させるべきですから、対策を緩めるわけにはいかないものの、お肌がボロボロになれば切ないのも女心。デイリーの美容タイムでは、対策によって疲れている手指やお肌を癒してあげたいですよね。

時短美容家の私、並木まきが、感染症対策でボロボロになりやすいパーツの時短ケアをお話します。

頻繁な手洗い・アルコール消毒による手指荒れには…「シートマスクでパック」




<筆者私物・リッツ「ホワイト ステムパーフェクトマスク」。植物幹細胞由来成分配合で、プチプラながら高保湿な実力マスク>

ウィルス対策に有効とされている手洗いは、手についている油分をしっかり流すので、どうしても手は乾燥しがちに。手を洗う頻度が増えた影響で「痒くなりやすい」「触るとカサカサ」といった声も聞こえてきます。

ハンドクリームを塗るばかりでは、すでに水分が失われている肌は、ヌメヌメ感ばかりが強調され、根本的なうるおい改善にはならない場合も。化粧水や美容液を使った保湿がベターですが、忙しいときや疲れている日には、なかなか丁寧な保湿ケアができないのも実情ですよね。

そこでおすすめなのが、プチプラ系シートマスクを使った手指パック。顔のダメージが気になるときと同様に、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などの美容成分がたっぷり入ったマスクを手指のケアに使うことにより、時短で保湿ケアがかないます。



そもそも顔用なので、切り込みなどがありますが、そこはあまり気にせずに、むしろ切り込みを活用しながら、手指に密着させるといいと思います。あえて「プチプラ」で選ぶと、惜しげなく両手に1枚ずつ使えるので、コスパ的にもおすすめです。

マスク蒸れによる肌の痒みやカサつきには…「化粧水or乳液で拭き取りケア」




<筆者私物・左から「アベンヌ ウォーター」「雪肌精みやび アルティメイト エマルジョン」。どちらもさっぱりとした使用感が特長>

長時間マスクをしていることによる肌の不調は、“拭き取り”のケアで対処を。マスクをしている間は、呼気によって肌が蒸れる環境なので、普段よりも角質が浮きやすく、これがかゆみを招いているパターンも。また、蒸れた状態でマスクを外した場合、水分が蒸発してカサカサ肌を招きやすいので、不要なものをオフしつつうるおいをチャージできるお手入れが便利です。

私は化粧水と乳液を、その日の肌の状態によって使い分けていますが、時短でケアするなら容器の形状もポイント。スプレー式化粧水やプッシュ式容器の乳液を選ぶと、思い立ったときにすぐにケアしやすく、です。

コットンにたっぷり含ませ、軽く肌を#滑らせるようにすると「オフするケア」と「うるおいケア」が同時にかないます。

今回の感染症対策は、長期戦になりそうな気配です。どんなに肌が不調でも、対策の手を緩めるわけにはいきませんから、時短でケアできる方法を日常に取り入れつつ、健やかな日々を過ごしたいですよね。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ