「お取り寄せ」で救える新型コロナウイルス被害者がいる

TABILABO

2020/3/26 19:00


新型コロナウイルスの感染拡大防止による学校給食の取りやめを受け、全国の給食関連事業者が、多大な影響を受けている。

そんななか「うまいもんドットコム」を運営する「株式会社食文化」では、給食関連食品のフードロスを削減すべく、学校休校の影響により、発注を受けたにもかかわらず、キャンセルとなってしまった未利用食品を保管している食品納入業者、生産者、加工業者から商品を引き受け、一般の消費者へ販売する支援キャンペーンを開始。

これは、農林水産省の「学校給食の休止に伴う未利用食品活用緊急促進事業のうち新たな販路へのマッチング等促進対策(販売サイト支援対策)」の支援を受け運営されているもの。

購入できる商品は野菜、肉、魚をはじめ、ハンバーグやカツレツなどの加工品、スイーツ、調味料など種類もさまざまで、送料はすべて無料。新商品も順次追加されていくという。

「助け合い」とか「譲り合い」とか、今、こんな状況の世の中で私たちが忘れちゃいけないことは、まさに「給食」を食べていたあの頃に習ったこと──。

給食は、私たちの身体を作ってくれたかけがえのない存在だ。そんな給食を支えてくれる人たちが困っている今、私たちにできる支援の一つがここにあるのかもしれない。


『食べて応援!学校給食キャンペーン』

【公式ホームページ】https://ad.umai-mon.com/kyushoku.html

Top image: (C) iStock.com/Milatas

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ