新型コロナ禍にテレビ東京社長「相当事態は切迫している」在宅勤務強化へ

 テレビ東京の小孫茂社長は26日の定例会見で、新型コロナウイルスの対策について報告した。

 「昨夜の(小池百合子)都知事の会見以降、バタバタとなっています。首都圏が新た動きにでたと聞きますが確認しきってない。ワンステージ深刻な方に変わったんだと受け止めています」とコメント。「最悪の事態に備えて対策をとるように指示をしている」と述べた。

 在宅勤務は社員の4割を超えているが、。さらに「あす(27日)に強化します」とし、2割程度の出社でも対応できるように試すという。

 「都知事に説明を聞いて相当事態は切迫しているととらえている」とし、「より強い要請が出ても放送できるように」と態勢を強化すると説明した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ