便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」で21歳男性が感染(米)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で各国が対応に追われる中、トイレの便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」に挑戦したアメリカ在住の21歳の男性が、ウイルスに感染し入院中であることが明らかになった。いたずらにしてはあまりにも不快、かつ危険なチャレンジには非難が殺到しており、保健専門家は「チャレンジで命が危険に晒される可能性もある。今すぐ止めて!」と注意を喚起している。

まさに自業自得、呆れるしかないニュースが飛び込んできた。ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」から発信され拡散中の「コロナウイルスチャレンジ」に挑戦したLarzという21歳男性が、公衆トイレの便座(実際にはトイレのふち)を舐めてウイルスに感染、現在入院中だという。

『New York Post』によると、男性は今月20日にチャレンジ動画をTwitterに投稿、その2日後にはロサンゼルス・ビバリーヒルズの病院のベッドに横になる動画を配信し「新型コロナウイルス、陽性だったよ」とツイートした。このTwitterアカウントはすでに削除されているが、男性は以前にもスーパーで販売されているアイスクリームを舐めて再び棚に戻す「アイスクリームチャレンジ」に挑戦しており、SNSには「犯罪」「気持ち悪い」「なぜこんな男をフォローするのか」などといった怒りの声があがっていた。また男性はメディアにも登場し、「たくさんのフォロワーのおかげで、SNSで金儲けができた」と発言し猛バッシングを浴びていたのだった。

イギリスの朝のテレビ番組『Good Morning Britain』は23日に「コロナウイルスチャレンジ」について取り上げており、司会を務めるピアーズ・モーガンはいつもの毒舌で「これはカルマだよ。この男は報いを受けたんだ」とまくし立てた。またチャレンジを繰り返す自称インフルエンサーたちに対しては「“愚か者(Moron)”としか言いようがない。刑務所に入って頭を冷やすべきだ」と一蹴した。

コロナウイルスチャレンジは、米フロリダ州マイアミ在住の22歳女性が「コロナの時間だよ(It’s corona time)」の掛け声とともに、飛行機内のトイレの便座を舐める動画を「TikTok」に投稿したのが始まりとされており、その後公共の場でドアノブやトイレの便座、電車内のポール(握り棒)などを舐めてSNSに投稿する人が続出した。

発信源の女性は『Metro』のインタビューに「私よりもコロナが注目を集めてるのがウザイの。だって私は真のセレブなんだから。私は健康よ。でも私と同じことをしてウイルスに感染しても、そんなの知ったこっちゃないわ。それは挑戦したやつの責任でしょ」と述べており、「無責任にもほどがある」と抗議の声が寄せられていた。

なお新型コロナウイルスの感染拡大による買いだめや社会的距離の確保を無視したパーティなどが問題視されているが、「コロナウイルスチャレンジ」を含めてこうした身勝手な行動をする人たちを、新型コロナウイルスの正式名「COVID-19」と「idiot(バカ、間抜け)」を組み合わせて“COVIDIOT”と呼ぶそうだ。「有名になりたいから」「金儲けをしたいから」などといった理由で“COVIDIOT”がチャレンジを繰り返しているのだとしたら、それは立派な犯罪行為にあたるのではないだろうか。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームによると、新型コロナウイルスの感染者は日本時間午後0時の時点で47万1千人超、死者数は2万1千人を上回っている。

画像は『New York Post 2020年3月25日付「Influencer reportedly hospitalized with coronavirus after licking toilet」(Instagram)(Twitter)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ