志村けんと高木ブーの絆に純烈・酒井一圭「色々あるけど、グループって素晴らしい」

志村けん(70)が新型コロナウイルス陽性と診断され、重度の肺炎で入院していることが分かった。ザ・ドリフターズの高木ブー(87)が3月25日、インスタで「志村に早く元気になってもらって、またドリフのメンバーでコントやりたいです」と投稿したことを受けて、歌謡コーラスグループ純烈のリーダー・酒井一圭(44)がTwitterで「色々あるよ。それでもグループって素晴らしい」とつぶやいた。純烈は予定していた人気コンサート『全員集合!』シリーズが延期となり、24日に出演予定だったアーティストたちと歌う動画を公開したばかりである。

純烈をはじめ若手人気歌手たちが往年の名曲を歌うコンサート『全員集合!』シリーズは、3月20日に東京で『応援ソングだよ!全員集合!』公演を予定していたが新型コロナウイルスの影響で延期になった。

ザ・ドリフターズが出演した伝説のお笑いバラエティ番組『8時だョ!全員集合』を連想させる公演名は、リスペクトの意味を込めたものだろうか。酒井一圭は高木ブーがインスタで闘病している志村けんを励ました言葉からザ・ドリフターズの絆を思い、自身がリーダーを務める純烈に重ねたようだ。

彼は「ブーさんが87才、長さんが生きてれば90才、志村さんが70才。うちは後上と小田井さんで15才差」とメンバーの年齢を合わせて感慨を覚えつつ、志村けんに「回復を信じてます。映画もドラマもコントも楽しみです」とエールを送った。

『応援ソングだよ!全員集合!』東京公演が延期となり、出演予定だった純烈、松原健之、西田あい、パク・ジュニョン、杜このみ、中澤卓也、彩青が『明日があるさ』を歌う動画をYouTube「うたびと公式チャンネル」で3月24日に公開したところ、「元気いっぱいの映像! ありがとうございます 沈んだ気持ちが…ぱーっと明るくなりました!」、「歌の通りに明日に向かって今を頑張ります!」と反響があった。

動画のなかで酒井一圭は、新型コロナ収束を願い「台風のあとのように晴れやかに、皆さんとお会いできるようになると思います!」と呼びかけた。純烈の小田井涼平が「さすがリーダー、打たれ強い。純烈のリーダーはね、打たれて打たれて打たれてやっとここまできましたからね」とリアクションしたところ「色々あったからな」と声が漏れた。

2018年大晦日『NHK紅白歌合戦』に初出場した純烈だが、翌年1月にメンバーの友井雄亮が交際していた女性とのトラブルを認めて脱退した。『紅白』出場直後に思わぬ事態となり、グループ崩壊の危機さえ噂されたものだ。それでも頑張って人気回復したことを振り返り「さすがリーダー、打たれ強い」、「色々あったからな」という展開になったのだろう。

そんなやりとりの数日後、酒井一圭は志村けんを励ます高木ブーの言葉を知って「色々あるよ。それでもグループって素晴らしい」とつぶやいたのである。

酒井のツイートには「いつも元気でいる志村けんさん大好きなだけあって 本当に心配です 早く元気になられることを願いたいです リーダーありがとう」、「純烈さんが紅白初出場決まった直後のうたコンで『いい湯だな』を歌唱なさってたの凄く嬉しかった。ドリフから受けた影響は計り知れない…」、「純烈さんも年齢差があります その差が良いんでないのですか 純烈の個性を生かすのもリーダーですね♪ 志村さん回復して楽しませてくれるのを待ってます」といった声が寄せられた。

画像1、2、4枚目は『Boo Takagi 高木ブー 2019年12月21日付Instagram「志村が2020東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれた。」、2019年4月6日付Instagram「また皆でコントやりたいねぇ。」』『純烈スタッフ 2020年3月25日付Twitter「純烈 公式ブログを更新しました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ