超特急、大人の色気も…9年間の土台があるからこそできた挑戦の数々


●理想としている“ショー”のスタイルへ
独特な世界観を持ち、エンタテインメント性の高さと魅せるパフォーマンスで多くのオーディエンスを続々と魅了し虜にしている、メインダンサー&バックボーカルグループ超特急。これまで様々なアリーナはもちろん、日本武道館での単独公演も実現させて名前の通り超特急のように走り続けている彼らだが、昨年末から2020年の年始早々にも東阪でのアリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva ~Shine Bright New Year~」を実施した。

大阪城ホールと代々木第一体育館で公演を行ったが、大阪と東京ではセットリストが異なり、大阪ではクリスマスメドレー、東京では殺陣のパフォーマンスに挑戦。年末年始にもかかわらず会場に詰め掛けた多くの8号車と呼ばれる彼らのファンを大いに熱狂させた。そんな彼らのパフォーマンスを完全収録したBlu-ray『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva』が25日に発売された事を受け、今回は超特急メンバーにインタビュー。

実はメンバー自身が演出や衣装プロデュースに携わっており、自分たちでライブを作り上げている彼ら。今回のインタビューで見えてきたのは、「面白い」という取っ掛かりの奥にある、他のダンスボーカルグループとは異なる様々な「超特急ならではの強み」を意識する姿だ。彼らは観客も、そして自分たちも楽しみながら、更に高みを目指していくために、ストイックに考え、行動している。

インタビューでは、2回に分けてツアーを振り返る。前半では、ライブ演出を手掛けたユーキの「ショーを作り上げるまでの想い」や「今だからできた」挑戦、「理想へ向けた熱い想い」と、衣装プロデュースをしたタクヤの情熱とこだわりの様子を紹介。さらに、超特急メンバーへ「最近アガった出来事」を直撃! 今回はカイがハマっている音楽のジャンルや、リョウガの「趣味に直結した嬉しい出来事」を聞いた。

○■“挑戦”によって、演出・ユーキ理想の“ショー”へと近づいていく。

――初めに、今回のライブ『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva』をどのようなライブに作り上げようとされたのでしょうか。

ユーキ:僕はライブの演出を毎回担当させて頂いていますが、今回は結成日を迎えるタイミングでもあるので、まずは8号車(超特急のファンの総称)の皆さんに感謝を伝える事を第一に考えました。それに今回ライブを行うタイミングは年末年始でもあるので、クリスマスでは皆さんと一緒にお祝いを、年始は「新しく始まる超特急」を感じてもらえるような内容も盛り込みました。

特に年始のライブでは今までにない大人の色気を感じさせる「これまで以上に観せるライブ」を意識しました。そのため、演出でも椅子を使ってダンスをする「Body Rock」はじめ、選曲・演出ともに超特急の“わちゃ”っとした側面よりは、少し落ち着いた雰囲気のステージに寄せたものにしてみました。

今回のライブでそのような方向に振れたのも、今までにはない新しい雰囲気や、テイストを持った楽曲が増えた事も大きいと思っています。持ち曲も100曲以上になって様々な曲をパフォーマンスさせて頂く中、「今なら大人な色気を見せられるんじゃないか」と思えるようになってきた事もあって、今回は振り切った方向へ挑戦する事ができました。

――今回のライブでは雰囲気的な所での挑戦はもちろん、身体的なパフォーマンス部分でも様々な事に挑戦されていますね。殺陣や大人数でのダンス、先ほどのお話に上がった椅子のパフォーマンスなどが挙げられます。

ユーキ:そうですね。これまで9年近い活動の中で培ってきた色々な経験を土台に、新しい事にも挑戦をさせてもらいました。例えばダンスでは今まで挑戦してこなかった、R&Bやシアタージャズ、ガツガツのヒップホップなど、より “パフォーマンス”に振り切ったものを多々取り入れました。

あと東京公演では殺陣にも挑戦をしましたが、これまでだったら「殺陣は殺陣」「ダンスはダンス」と切り離していたものを、全て1つに融合させて、僕が理想としている“ショー”のスタイルへ少し近づけるような内容にしてみました。加えて、メンバーの個性を活かしたダンスやパフォーマンスを、ジャンル問わずにやってみたかったので、殺陣の中にもそれをショーの要素の1つとして取り入れました。例えばリョウガだったら刀ではなくて扇子を使いながら艶やかに舞うように戦ったり、カイとリョウガのパートでは傘を使った鮮やかなパフォーマンスを組み込ながらその中にダンスを入れたり。

今回のパフォーマンスはこれまでやってきた様々な経験は決して無駄じゃなかったと思えましたし、今回の経験を糧にさらにパワーアップしたステージを目指していけたらと思っています。人は挑戦して、成長していくものだとも思っているので、今後も更にパワーアップをさせながら、より面白いステージを目指していけたらと思っています。

○■「ユーキの演出を尊重し、委ねる」メンバーの信頼関係

――ちなみに総合演出でユーキさんがライブをプロデュースされる中、メンバーの皆さんから「こういう事をやろう」といった意見出しなどはあるのでしょうか?

タクヤ:僕は演出でユーキが入ってくれているので、どうしても気になる事がある時以外はユーキの演出を尊重したいと考えています。彼の見せ方は、今までのライブを観てきている中で、決して間違っていないと思うんです。なぜなら、皆さんがライブを観て、笑顔になってくれている。それはユーキの演出が8号車の皆さんにも届いているからこそなのかなと。

だから僕が言うとしたら、「どのくらいの間を空けて次の曲に入った方が良い」とかパフォーマーとしての観点で気付いた事を言うくらい。僕は、本当にユーキに“委ねてる”感じです。

――先ほどユーキさんからも「メンバーの個性を最大限活かせる方法」を念頭に演出をしているお話が出ました。皆さんがユーキさんを信頼し、演出に対しては最大限のパフォーマンスで応える……という座組が超特急には出来上がっているんですね。

タクヤ:まさに、その通りだと思います。

一同:(頷く)

●「学校に行くかも」発言にメンバー大慌て!
○■衣装プロデュースのタクヤ「挑戦と発見が色々あった」

――タクヤさんは今回のライブにおいても衣装プロデュースを担当されました。衣装プロデュースを行うにあたり、こだわった点や気付きなどがあれば教えてください。

タクヤ:今回、代々木公演ライブ全体の衣装を初めて担当させて頂き、大変だなと思う事もありました。基本的にライブの衣装をプロデュースする際には「自分の好きな物やアイテムを使って、好きなバランスや好きなスタイル」を表現できるように……と考えながら、取り組んでいます。

その中でも、特に重視しているのは「ステージ全体を俯瞰した時に見える、シルエットの見え方」です。やはり僕たちはステージ上で歌って、踊るグループです。ですから、動いているときの見え方が衣装として大切になってくると思っています。

その中でも特に印象深く残っているのが、東京のライブで行った殺陣の際に着用した衣装です。今回全員グレーのツナギの衣装を着用しましたが、見た目はメンバー間で差が出ない衣装。まずこうした衣装を選ぶことが、1つの挑戦でした。

あと、最初衣装を合わせた時にパンツの裾がダボついているのが少し気になったので、裾を詰める調整をしたんです。ただ腕を上げるとか、殺陣のアクションを行うとツナギだから全身が繋がっているので、上げた裾も一緒にさらに上がってしまって、バランスがおかしくなってしまって。だから動きと照らし合わせながら、少しずつ布を足すなど微調整をして、衣装と動きの見え方を作り上げたんですが、今回はこうした事をはじめ、衣装プロデュースに関して新しい挑戦や発見が色々とありました。
○■次は衣装作りに挑戦!?

タクヤ:今回細かく色々と衣装の調整をしていた中で「次は本気で衣装を作ってみたい」という気持ちも湧いてきたんです(笑)。ただ、衣装作りに関しては、僕は右も左も分からない。今の状態で飛び込むのはすごく怖いし、中途半端に取り組むのも好きではないので、もしやるとなったら……学校に通うかも?(笑)

一同:えー!(笑)

カイ:課題とかで忙しい時は「タクヤ、ライブやイベントを授業のために車両点検(欠席)」ってパネルで出る事になっちゃうんじゃない?

タクヤ:それは困るし、活動が第一優先なので(笑)。

――今回のライブで、「ここだけは見逃さないで欲しい!」という“推しシーン”を教えてください。

タクヤ:東京公演「バッタマン」、ラストサビ前のタカシの表情です。「ワン、トゥー、スリー……」とカウントをしながらメンバーが1列になって暴れる所があるんですが、そこのタカシの表情が……タカシ推しの8号車が泣いちゃうんじゃないか? っていうくらい吹っ切れた表情を見せてくれています。他のアーティストの方だったらNGかもしれませんが、超特急だからこそ許される、超特急だからこその“素敵な画”に仕上がっています(笑)。今回収録される映像をチェックした時も、元々は違う映像だったんですが、敢えて「こっちにしてください」と差し替えをお願いしたくらいです。

タカシ:それじゃあ、僕が注目して欲しい所を……。僕が注目をして欲しい所は……実は僕もプロデュースしているところがあって。あの……生写真なんですけど……フフフ(笑)。

一同:え!?(笑)

タカシ:全然フィーチャーされないけど、実は今回の生写真のプロデュースを全部やらせてもらっています。8号車の方もご存じない方いらっしゃると思うんですけど……と、生写真の魅力について語るのは冗談で、ちゃんとライブの事を話しますね(笑)。

僕が注目して頂きたいのは、大阪公演のオープニングです。東京の出だしは疾走感があって“超特急らしさ”があると思うんですが、大阪公演は新鮮でいつもと違った気持ちの上がり方や、スタートを切れた感じがしました。最初から飛ばすわけではなく、徐々に温めていく感じで、個人的には印象深かったです。記憶の中で、出だしって一番古い記憶になると思うんですが、大阪公演では出だしの方が明確に、景色も含めて記憶に残っています。

ユーキ:僕は東京公演のアンコールで披露された「gr8est journey」です。ライブの終わりに近づいている時の表情は、メンバーも8号車の皆さんも、作ろうと思って作れるものではないので、それぞれが想いを噛み締めている感じの表情を見ていると、とてもグッときます。そうした表情に注目をして頂けたら、嬉しいです。
○■おまけ:日常であった“アガった出来事”を教えて!(カイ・リョウガ編)

カイ:音楽のサブスクリプションサービスで、良いアーティストやプレイリストに出会えた時です。最近よく聴いているのはクラシックやジャズなんですが、ジャズに関しては特に良い出会いが多いなと思っています。

リョウガ:ブログでも書きましたが、僕が大好きなゲーム実況のYouTuberの方が、僕が大好きだという事を知ってくださってTwitterをフォローしてくださった事です。また生放送中にもその事についてコメントしてくださって。それは本当にアガりました!

■超特急
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなる音楽グループ。2011年に結成し、2012年にシングル「TRAIN」でデビューした。6月には「ARENA TOUR 2020 SPRING WELCOME TO THE BULLET TRAIN DINER」を予定。また4月からは、メンバー全員が出演するドラマ『FAKE MOTION-卓球の王将-』(日本テレビ 毎週水曜深夜0:59)も放映される。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ