小室圭さんも緊急帰国か、眞子様との結婚に新型コロナの影響懸念

wezzy

2020/3/26 09:00


 小室圭さんの“緊急帰国”の可能性について、「女性自身」2020年4月7日号(光文社)が報じている。小室さんは現在、ニューヨークにあるフォーダム大学に留学中だが、知っての通りアメリカでも新型コロナウイルスの感染拡大により混乱が起こっている。

今月23日の時点で、アメリカの新型コロナウイルス感染者数は4万人を上回っており、少なくとも559人が死亡している。900人以上の感染者が確認されているロサンゼルスでは12日、市長と州知事共に「外出禁止令」を施行すると発表。それによる失業者の増加なども問題となっている。

小室さんが滞在するニューヨークもまた、危機的状況にある。今月22日の時点で、ニューヨーク州の感染者数は約1万5000人を越えた。病院のベッド数も不足しており、イベント施設を仮設病院に改装する準備も進められている。ニューヨーク市では非常事態宣言が出され、食料品店や薬局以外の店舗は閉鎖を余儀なくされた。

政治面での混乱も見られる。今月17日にビル・デブラシオニューヨーク市長は記者会見で市民の外出禁止令が必要だと主張した。一方、アンドリュー・クオモ知事は街が実質的に停止するという理由から、外出禁止令は慎重にならなければいけないと反発。しかし、その後も感染者が増加したことから20日、知事は州内の全事業者に対し、全労働者の出勤を禁止し、自宅にとどまらせることを義務付けると発表している。

小室さんが通うフォーダム大学でも感染者が確認されており、今月9日よりすべてのキャンパス内での授業を中止しているという。小室さんは大学の寮で生活しているが、原則として、寮からも学生は退去する必要があるそうだ。

このような状況下であれば、小室さんが一時的に日本に帰国する可能性も考えられる。「女性自身」によると、眞子さまは小室さんの帰国を強く望んでいるそうだが、小室さんの代理人弁護士は帰国する予定はないとしている。確かに小室さんが帰国すれば、ここぞとばかりに日本のマスコミは彼の元へ押しかけるだろう。であればニューヨークに留まりたいと考えても無理はない。

結婚について「発表」はいつになる?
 一方、秋篠宮家では眞子さまの結婚についての“家族会議”が行われたという。今月12日公開の「週刊女性PRIME」記事によると、新型コロナウイルスの影響で秋篠宮家の公務も減少。この機会にと、家族で話し合いをする時間が設けられたそうだ。

確かに3月2日に皇居・宮殿で予定されていた天皇陛下と全国優秀警察職員との面会、次女の佳子さまが同日に出席予定であった「第53回なるほど展」などが中止になっている。

しかし何度話し合いを経ても折り合いはなかなかつかない。眞子さまは「今すぐにでも結婚したい」とのお気持ちだというが、秋篠宮さまは「国民の理解を得てから」とお考えのようで、話し合いは平行線なのだという。

秋篠宮さまは昨年11月の誕生日会見で、2020年2月以降に眞子さまの結婚について何らかの発表をすると述べていたが、世界的に非常事態が訪れている今、結婚するにしろ延期するにしろ、「何らかの発表」をすべき時期とはいえないだろう。少なくとも新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたと言える状況になるまでは、進展はなさそうだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ