JAL、国際線の運休・減便をさらに拡大 3月29日から4月30日まで、71%を運休

Traicy

2020/3/26 08:45

日本航空(JAL)日本航空(JAL)は、3月29日から4月30日まで、国際線の71%のフライトを運休する。

当初は60路線の5,148便を運航する計画だったものの、58路線の3,658便を運休する。運航便数は1,490便で、運休便の割合は71%に達する。

新たに発表されたのは、日本とバンクーバー、ホーチミン、ホノルル、コナを結ぶ路線。東京/羽田~ホーチミン線は運休する。東京/成田~バンクーバー線は週2便、東京/成田~ホーチミン線は一部期間週3便を運航する。東京/成田~ホノルル線のJL784便とJL783便、名古屋/中部・大阪/関西~ホノルル線は3月29日から4月25日まで運休する。東京/成田~コナ線は3月29日から4月26日まで(4月26日東京/成田発は運航)運休する。

通常通り運航する路線と便名は、東京/羽田~シカゴ線のJL10便とJL9便、東京/羽田~ダラス/フォートワース線のJL12便とJL11便、東京/羽田~ロンドン線のJL43便とJL44便、東京/羽田~バンコク線のJL31便とJL34便、東京/羽田~台北/松山線のJL97便とJL98便、東京/羽田~ホノルル線のJL74便とJL73便。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ