弱点をチェック!男性が「あまり夢中にならない女性」のポイント

愛カツ

2020/3/26 07:45


王道のモテテクニックをそのまま彼に試してみたり、男性ウケばかりを狙ったオシャレをしたりする……
でも男性を夢中にできないのって悲しいですよね。

「私って、もしかしてセカンド彼女?」と不安な女性、あるいはいつも男性の本命にならない女性は、盲点な自分の弱点があるのかも。

今回は、そんな自分では気づかない弱点についてフォーカスしてみましょう。

弱点をチェック!男性が「あまり夢中にならない女性」のポイント

■ あざとい行動に頼りすぎ

「胸を腕で寄せてみたり、ベタな上目遣いされると周りの子とあんまり変わらないというか。変化球を投げてくる女の子は好きですね。

なぜか旅行のお土産が定番のご当地グルメじゃなくて“まりも”だったとか、そういうツッコミを入れたくなるような特殊な子の方が気になります」(Mさん・21歳男性/アパレル)

男性を意識したモテテクニックたるものは、雑誌やネットに情報がのっているもの。

真似することは悪いことではないですが、そのテクニックは他の女性も利用しているのをお忘れなく。

男性からすると見慣れた光景で、キュンとは程遠いかもしれません。自分なりの可愛い行動を考えましょう。

■ 連絡が多い

「すごく好意を寄せてくれているのかもしれないけれど、連絡が多すぎると返すのもめんどくさくなっちゃうなぁ。

しかも、その内容も対して仲良くないのに『好きな子とかいる?』って。距離感がつかめないままフェードアウトしちゃいそうです」(Sさん・28歳男性/公務員)

好きな人なので話したいことってたくさんありますよね。

でも連絡が多すぎるのは、引かれてしまう可能性が……。

それなら「〇〇くんに話たいことが多すぎるから、今度デートにいきたい!」と誘ったほうが、あなたの気持ちが男性には伝わりやすいですよ。

■ 人の話を聞かない

人の話を聞かない

「人の話を聞かない人は、つまらないです。自分の趣味や仕事の話をいっぱい話したいんだろうけど、相手に話のバトンを渡さないのは会話としてダメだと思う。

恋人なら、前提が好きな子だからいいんですけど。その日会ったばかりとか、いい感じ程度の女の子なら一気に冷めます」(Uさん・32歳男性/経理)

人の話を聞かないのは、恋愛を進める上でナンセンス。

自分の話をさせてくれない人、聞かない人に対してのイメージはよくないため、恋人として大切にされる可能性は低いかも。

コミュニケーション力を高めたいのなら、相手が話したことへの反応も磨きましょう。

話しているときに相づちを打ったり、うなづいたりしたら、「ちゃんと聞いてるな」と思ってもらえやすく、話しやすい女の子として好かれますよ。

■ “好き”があからさま

「好きなことがバレバレな子は、ちょっと引いちゃうかな。同じ社内に僕を好きだと思う女性がいます。勤務中でも隣をキープしてくるし、周りの目も気になります。

さりげなくアプローチされるほうがドキドキするし、照れていそうで可愛く思えますね」(Nさん・32歳男性/エンジニア)

好きなことを過度にアピールするのは控えましょう。

とっても照れ屋な男性って意外と多いですよね。その気持ちを察せられないと、恋愛対象外に思われてしまうことも……。

価値観を合わせる意味でも、まずは親しくなることを心がけましょう。仲良くなってから好意を匂わす方がうまくいくはず。

■ あざとさだけじゃ惹かれない

女性も同じだと思いますが、あまり好意がない男性に口説かれても、ときめくことってないですよね。

少なからず気になっている人からされるキュン行動は、誰だって嬉しいはず。その気になるひとを目指すには、周りのマネ以外のこともしましょう。

まずは自分のチャームポイントを磨いたり、欠点を見直したりすることが大切。そうしていくうちに、男性から愛される女性になっていきますよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ