【男の本音】「ワッ、やめて!」男がドン引きする40代女性からの【間違ったアタック】とは

OTONA SALONE

2020/3/25 22:30



誰しも「好意を寄せられる」のは、悪い気がしないものですよね。

でも相手の言動が行き過ぎている、と感じると「それはちょっと」と引いてしまうこともあります。

今回は40代女性からのアピールに呆れたことのある男性にアンケートをとり、やり過ぎエピソードについて聞いてみました。

はたして「まだ平気」「やり過ぎ」の境界線は、どのへんにあるのでしょうか?ご紹介していきましょう。

「こんなアピールは嫌だ!」猛烈アタック①「ステップを飛ばし過ぎる」



「婚活パーティーに参加したとき、すごく積極的な方がいて驚いたことがありました。パーティー中、ルール違反の連絡先交換を求めてきたところまではまだセーフでしたが、その日に女性の自宅に招かれて…。さすがにこれはと思いました」(43歳男性)

「仲間内で普通に仲が良く、近すぎず遠すぎない関係の女性です。今現在、お相手はいないのですが、自分が妊娠しにくい体質かどうかを確認したいと病院に通っているようでした。そのうち妊娠できる体だと判明。仲間みんなでお祝いしたあと、個人的に食事に誘われました。そこで『パートナーになってお父さんになって欲しい』と強くお願いされて…。段階をいくつもすっ飛ばす懇願に、さすがに困惑しました」(42歳男性)

面倒なやりとりは省いて、目的を果たしたい女性。それに困惑する男性…。男性側が困惑してしまうのは、まだ相手を信用しきれていないからかもしれません。そんなときは相手に安心できる材料を少しずつ与えていくと上手くいきそうです。

「こんなアピールは嫌だ!」猛烈アタック②「親しい間柄だと周囲にアピール」



「新人女性が入社したとき、一緒に挨拶周りに付き合っていた40代部下が『いつも優しくて、頼りになる人だから!』と、私を新人に紹介。さも親しい間柄であるようにアピールし、こちらはリアクションに困って何もいえなくなりました」(41歳男性)

さりげない好意のアピールなのか、普段はいえない感謝の気持ちを遠回りに伝えただけなのか。女性の真意は分かりませんが、親しさを普段以上に盛ってしまうと「え、俺たちそんな関係だっけ?」と男性陣を引かせてしまうこともあるようです。

「こんなアピールは嫌だ!」猛烈アタック③「上の立場を利用してくる」



「48歳の女性上司です。ミーティングがしたいと仕事終わりに無理やり飲みに付き合わされ…。実際は仕事の話ではなく、プライベートへの尋問ばかり。後日LINEで告白され丁寧に断りを入れましたが、そのあと自分に対する態度が急に冷たくなりました」(39歳男性)

こちらの男性、この一件で「今までは尊敬していましたが、今は別人ですね」と女性上司の印象が180度変わってしまったそうです。立場を利用したアピールは、本人がそれと意識できていない例もありそうですね。

「こんなアピールは嫌だ!」猛烈アタック④「セックスアピールが強すぎる」



「42歳の会社の部下です。宴会で私の隣に座り、体をすり寄せてきました。いつもより化粧が濃く、香水の匂いが強いことに辟易。酒に酔い、ほかの社員がいる中で臆することなく大きな声で『私のことどう思う?』と聞かれたときはゾッとしましたね」(58歳男性)

「飲み会の日に限って、露出度高めな服を着てくる女性がいます。お酒がすすむと、いつの間にか隣の席へ。とんでもないくらいのボディータッチを仕掛けてきます。過度なボディータッチは対応に困る人のほうが多いです。嬉しい人もいるでしょうが、何事もやり過ぎはマイナス。たまにするくらいがちょうど良いと思います」(44歳男性)

58歳の男性は好感を持っていた女性部下に対し、これまでにはない不信感が生まれてしまったといいます。仕事に対する評価が、思いもよらぬところで下げられてしまうのは避けたいところです。

男性陣が女性からのアタックをやり過ぎと感じはじめるのは「こっちのことを考えていないなぁ…」と思った瞬間からなのだと思います。

「私がこうしたら、相手はどう思うだろう?」といったん立ち止まることで、やり過ぎジャッジを回避できるのではないでしょうか。

(イラスト/うた まさぽ)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ