白又敦、丸山敦史、萩野崇ら出演 夜行バスを舞台に乗客と運転手が織りなす『バスタ新宿初 青森行き夜行バスは殺人ばかり』の上演が決定

SPICE

2020/3/25 19:39



2020年5月13日(水)~5月17日(日)新宿シアターモリエールにて、オムイズムVOL.4『バスタ新宿初 青森行き夜行バスは殺人ばかり』が上演されることが決定した。

作・演出はシリアスからコメディまで、幅広く手掛ける若手演出家・私オム。出演は『斬劇戦国BASARA』や、『仮面ライダー鎧武』の白又敦、『獣電戦隊キョウリュウジャー』などのTVドラマを始め、数多くの舞台作品に出演する丸山敦史、 さらに歌手としても活躍中の伊勢大貴、『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』などに出演し注目が集まる工藤大夢ら若手俳優と、『仮面ライダー龍騎』の凶悪犯役から、近年は2.5次元舞台でも存在感を魅せる萩野崇というベテラン俳優が共演。また、だれかの母親をふじわらみほが演じる。
白又敦
白又敦
丸山敦史
丸山敦史
伊勢大貴
伊勢大貴
工藤大夢
工藤大夢
萩野崇
萩野崇
ふじわらみほ
ふじわらみほ

本作は、夜行バスを舞台に風変わりな乗客たちと陽気な運転手とひとりの女が織りなす、冷たい空気の温かい物語。

【あらすじ】
2020年秋。22時45分発の夜行バスにんにくライナーは間も無く発車しようとしている。運転手の久慈は鼻歌を歌いながら発車準備をしている。小説家の道を諦め、田舎へ帰る米山はもう来ることはないであろう新宿の空気を大きく吸い込み、発車を待つ。
続々と乗り込んでくる乗客たちはどこか違和感を感じる者ばかり。
騒がしい大学生、いつもの席がある男、誰とも話そうとしない男……。
そんな乗客たちを乗せてバスは発車する。
と、すぐさま大きな音が車内に響く……。
風変わりな乗客たちと陽気な運転手とひとりの女の、冷たい空気の温かいお話。



当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ