【休校中の過ごし方】小学5年女子の渋い趣味が発覚! 妹思いの一面も【3姉妹DAYS Vol.10】

こんにちは!あん子です。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、全国の小中学校、高校と臨時休校すると要請があったとママ友が電話で教えてくれたときは突然のことで本当にビックリしました。

子どもの預け先の心配や仕事など戸惑うママも多くいたと思います。

我が家も例外ではなく小学生、中学生の娘も休校となりました。

休校になって小学生の次女から出た言葉は



でした。

ですよね~。
ずっと家にいるとひまですよね。今回のお休みは、感染拡大防止のためであって、不要不急の外出は控えるように言われています。

我が家の場合、上2人のお姉ちゃんは中学生、小学5年生と大きいので私が何か提案しなくても自分の時間を楽しんでいるようです。

今回は、次女の休校の過ごし方をご紹介します。

■小学5年生の次女の過ごし方
次女は昔から読書が好きでした。



休みになっても1日3冊は本を読んでいるようです。
今、ハマっているのは、歴史と科学の本。

宿題以外に「影がなぜ黒いのか」や「桜の木の周辺に雑草が生えにくいのはなぜなのか」など、日常で気になったささいなことを本で調べてまとめたりしているようです。

ほんの数年前までは、ゲームや動画をみたりもしていたのですが今はほとんど見ません。

そのかわり、休みになって見だしたものは、



えーーーっ!
そこーーー?!



おばあちゃん家にでも来たのかと思うような懐かしさ。

次女の場合、一度みたらおしまいではなく、録画して何度もエンドレス再生しようとするんです。

ひぃい!勘弁して~(白目)

ほかには…、

2歳の妹のためにレンジや冷蔵庫、コンロやシンクなど、おままごとの小道具を段ボールで作ったりしています。

姉妹で年の差がある我が家ですが、次女が工作をし、その助手としてシールを貼り付けたりと手伝う三女。

いつも昼間いないお姉ちゃんがいる! 休校で一番喜んだのは、三女でした。



作ったあとは、おままごとを早速していました。妹想いの次女に感謝です。

工作や読書など、本人が興味があることをやっていると意外と時間もあっという間に過ぎるみたいです。

遊ぶことも大事ですが、休みになって一気に気がゆるんで夜更かししてしまっている娘たち。

新学期始まってから本人が大変な思いをするので、早寝早起きを徹底して規則正しい生活を送ることが休みの中で何より大切だよと娘たちには伝えてたところ、

「そうだよね。早く寝て早く起きるようにしよう」

と娘たちも素直に受け入れてくれました。

こんな休みは、滅多にないこと。
新学期が始まった時、振り返ってみて有意義なお休みだったと思える毎日を過ごしてくれたらと思います。
(あん子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ