家づくりの実用的ヒントが満載&注目の「ハーフセルフリノベーション」の過程を詳細に紹介する書籍『直しながら住む家』発売

NeoL

2020/3/25 16:00



築40年超の和風住宅に暮らす文筆家の小川奈緒が、 プロの手を借りながらDIYで2階の改修作業を行った、 今注目の「ハーフセルフリノベーション」の過程を詳細に紹介。 間取り図、 費用のこと、 こだわるべきポイント、 設計のプロのアドバイスなど、 リノベーションの実用的ヒントも満載。 リノベーションの予定や興味がある人、 家やインテリアが好きな人、 「家をもっと心地よくしたい」と願う人も必読の一冊。

文:小川奈緒(おがわ・なお)1972 年生まれ、 千葉県出身。 早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。 出版社勤務、 ファッション誌エディターを経て、 現在はフリー編集者・ライター・文筆家として執筆活動を行う。 内容は主に、 家や暮らし、 旅のエッセイ、 インタビューなど。 著書に『メルボルン案内 たとえば、 こんな歩きかた』、 『心地よさのありか』(ともに小社刊)『家がおしえてくれること』(KADOKAWA)『おしゃれと人生。 』(筑摩書房)『こころに残る家族の旅』(京阪神エルマガジン社)。 自費出版作品に、 夫でイラストレーターの小池高弘との共著『skech 1』『skech 2』。

写真:安彦幸枝(あびこ・さちえ)1973 年生まれ、 東京都出身。 武蔵野美術大学短期学部卒業。 父の営む装幀事務所でアシスタントを務めたのち、 写真家泊昭雄氏に師事。 得意分野は、 旅、 料理、 犬と猫。 現在はフリーランスのフォトグラファーとして、 主に書籍や機内誌などで撮影を担当している。 著書に『庭猫』(小社刊)『荒汐部屋のすもうねこ』(平凡社)『どこへ行っても犬と猫』(KADOKAWA)。

PART1 はじめての家づくりPART2 10 年目のリノベーションPART3 他の家のリノベーションが見たいコラム 家をつくるもの 台所/縁側/照明/家具/収納/庭巻末付録 Let’s Talk About Renovation

『直しながら住む家』https://pie.co.jp/book/i/5256/

【PART 1】家探しの思い出に始まり、家を選んだ視点、その家をどうつくり変えたか、どんなプロに助けてもらったか、何を変えずに残したか、家によって暮らしはどう変わったか……実際の経験と変化をまとめたエッセイ



【PART 2】 ハーフセルフリノベーション(=プロに指導してもらいながらのDIY)でつくり変えたプロセスの記録。部屋ごとのビフォーアフターを見ながら「素人でもここまでできる」という希望や勇気を感じられる内容



【PART 3】魅力的なリノベーションを行った友人の家づくりのストーリーを紹介。その家ごとにドラマがあって、それぞれ素敵で、やっぱり家っておもしろい



『直しながら住む家』https://pie.co.jp/book/i/5256/仕様:B5判変型(257mm×190mm)/ソフトカバー/152Pages(144Pages in Color)定価:本体1,800円+税I S B N :978-4-7562-5256-2 C0077発売日:2020年4月10日発売元:パイ インターナショナル

お問い合わせ株式会社パイ インターナショナル〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4TEL:03-3944-3981ホームページ:https://pie.co.jp/フェイスブック:https://www.facebook.com/pieinternationalツイッター:https://twitter.com/PIE_BOOKSインスタグラム:https://www.instagram.com/pie_international/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ