『仮面ライダーゼロワン』ヒューマギアモジュールがリングに、ノーマルと滅亡迅雷版で展開


『仮面ライダーゼロワン』より、劇中で人工知能搭載人型ロボ「ヒューマギア」が身に着けているヒューマギアモジュールをモチーフにしたリングが登場。ノーマルバージョンと滅亡迅雷バージョン2種展開の「仮面ライダーゼロワン ヒューマギアモジュールリング」(各11,000円/税込)として、プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。商品の発送は、2020年5月を予定。

ヒューマギアモジュールは、主人公をサポートする秘書型AIアシスタント「イズ」をはじめとしたヒューマギアが身に着けている装置。人類滅亡を企てるテロリスト「滅亡迅雷.net」のメンバーは、異なる色のモジュールが搭載されている。

「仮面ライダーゼロワン ヒューマギアモジュールリング」は、そのヒューマギアモジュールをリングとして商品化したもの。ノーマルバージョンと滅亡迅雷バージョンの2種展開で、サイズは11号、13号、15号、17号。

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ