東京五輪延期にデーブ・スペクターさん「TOKYO2020に、小さくsを付けたら、10年間有効になります」ツイートし反響

ガジェット通信

2020/3/25 16:00



新型コロナウイルスの影響で世界各国が混乱に陥る中、3月24日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期が決定した。

SNSでもさまざまな意見が飛び交う中、タレントのデーブ・スペクターさんは25日朝に





一応、英語出来るので。TOKYO2020に、小さくsを付けたら、10年間有効になります。

とツイートを行う。それまでも

「東京五輪の2021年延期は織田裕二のスケジュール次第」

「これだけは絶対に避けなければならない→東京五輪感染ツアー」

「選手団を送らない代わりに→カナダからの手紙」

「【速報】TOKYO2021ソングになったら、嵐は解散してしまうため、代役に横浜銀蠅の嵐を起用へ」

など、五輪にまつわるユーモアまじえたツイートを行っていたデーブさん。同日お昼の時点で10万を超える「いいね」を集めるなどして反響を呼んでいた。

「『TOKYO2020+』ならカッコいいかと!」

「一応、日本語出来るので。TOKYO2020に、~を付けたら、永久有効になります。」

「パチモン関西弁知ってるので語尾に 知らんけど つければ永久に有効になります」

「前澤さんが月に行かないで、その金を IOCに寄付すれば『TOKYOZOZO』で 永久に有効ですね」

「一応、時刻表読めるのでTOKYO駅20:20発にしたら、東北新幹線やまびこ号盛岡行きになります」

「小さくwを付けちゃえ TOKYO2020w」

など、さまざまな返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ