カンテレ、夏ドラマ2本を“オール関西”制作「ドラマ界の起爆剤に」


カンテレは25日、夏に放送する“火9ドラマ”(同局・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)を、関西で制作すると発表した。2作品放送し、それぞれ京都と神戸を舞台に描く。

これまで、同局が制作する全国ネットの“火9ドラマ”は、東京で制作してきたが、今回の2作品は、プロデューサー、監督を含め、関西の制作スタッフが集結し、撮影も全て関西で実施。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマを“オール関西”で制作するのは、85年に放送された『影の軍団 幕末編』以来、34年ぶりとなる。

両作の作品名や出演者など、詳細については後日発表される。

カンテレの安藤和久制作局長は「経済やエンタメ文化などが東京一極に偏ることなく、2025年の万博を見据え、関西を盛り上げるべく、関西のドラマ制作文化を継承・発展させ、ドラマ界全体の起爆剤になればと、今回、本拠地の関西で制作することにしました」と狙いを説明。

「出演者はもちろんのこと、関西のスタッフが誰よりも嬉々としてドラマ制作に取り組んでいます。関西の皆さまが日ごろ親しみのある場所で、豪華俳優陣が素晴らしい演技を見せてくれます。関西の皆さまはもちろん、関西以外の皆さまも、京都や神戸の素晴らしいロケーションを舞台にした関西発の連続ドラマをぜひ、楽しんでください」とコメントしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ