小学生になって世界が広がる息子…成長に合わせた「見守りの距離感」って?【おててつないで ~なかよし兄妹の癒され日記~ 第57話】

幼稚園のころまでは家でも外でも、遊常におとなの目の届く範囲で遊んでいた息子。

わが家では未就園児の娘もいっしょのことが多いので、自宅の敷地内で遊ぶときも、もちろんそばで見守っていました。

■小学生になり、ひとりで行動する同級生も…
しかし、小学生ともなると関わる年代が増えるためか、同級生の中には上級生にまざって放課後の校庭で駆け回ったり、ひとりで友人の家を訪ねたりする子もいる。

「それならうちもひとりで」…と、いきなりほっぽり出すのは心配だし、まだ不安がありました。

わが家は、あくまで子ども自身の成長に合わせてと思いつつ…

とはいえ、焦るわけではないが「付き添いはいつまで?」「どのくらいの距離感で?」と最近は、「見守りの距離感」をはかりかねていました。

1学期、息子の様子はというと、新しい環境や人間関係に浮かれ楽しんではいるが、やはり不安もあるよう。公園などでは、私の付き添いに安心感を感じているようにみえました。

そして学校生活にもすっかり慣れた2学期。

■新しい環境に馴染み、成長する息子
おててつないで~なかよし兄妹の癒され日記~

「危険に対して先回りし安全第一! トラブル発生時はダッシュで駆け寄る!」(←ちょっとオーバーに表現しています)というイメージの、乳幼児期のような接し方を見直す時期かな~、と思えました。

おとなの目が届かない部分は増えるが、子ども自身がそれを望むなら(当然、心配や不安はありますが)、

まずは子どもを信じることが大事かなとも思います。

そして「やっていいこと」「いけないこと(交通ルール含む)」など、公共のルールや危険については、繰り返し一緒に考えたり、言葉で伝えていったりする必要があるなと思いました。

具体的に防犯上の約束としてわが家では、以下の3点はとくに口を酸っぱくして伝えています。
・ひとりでは遊ばない。
(夕方のチャイムの前でも、みんなが解散したら息子も帰る)
・親子で一緒に確認した道以外は通らない。
・外で、知らない人はもちろん、知っている人に声をかけられても付いていかない。


とにもかくにも…息子の「外ヅラ(?)」に成長を感じたのでした。
(鈴木し乃)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ