【みちのくグルメ】ハチミツかけ放題! 養蜂農家が営む『山のはちみつ屋 ピザ工房』秋田県仙北市



秋田県のグルメといえば何を連想するだろうか。あきたこまち、日本酒、きりたんぽ……いずれも「和」のイメージだが、山に囲まれた内陸部、田沢湖のほど近くに人気のピッツェリアがあるという。それもハチミツ専門店がやっているピザ屋さんだとか。

訪ねてみたら、ハチミツかけ放題のレストランに、試飲や試食がずらりと並んだショップ、同店オリジナルキャラクターと、テーマパークみたいに楽しい場所だったのでご紹介したい!

・仙北市を訪ねる

とにかく広い東北地方では美食を求めるのも簡単ではない。県庁所在地の秋田市から車で1時間半、仙北市までやってきた。雪化粧の山が美しい。

水深日本一の淡水湖「田沢湖」を目指してひたすら走る。

到着した。今年は暖冬で雪が少ないので助かったが、例年なら積雪や凍結に注意する必要があるだろう。敷地内には赤いロンドンバスをはじめとして、いくつかの建物が点在する。

・山のはちみつ屋 ピザ工房

今回訪問したのはこちら『山のはちみつ屋 ピザ工房』。店の後ろは一面の田園風景で、なんとも牧歌的だ。

店内は明るく開放的なドーム型。蜂の巣をイメージしているのだと思ったが、同店の商号の「ビー・スケップ」というのが欧米の養蜂農家がかつて使っていたドーム型のカゴのことだというので、そちらかもしれない。余談だが、六角形をびっしり敷き詰めた「ハニカム(蜂の巣)構造」は少ない材料で強度を発揮する自然の知恵だ。

厨房には石窯があり、ピザ職人さんがピザを焼いている。これはテンション上がる!

「4種のチーズ」「エビとトマト」「ツナ・マヨ・コーン」……メニューはいろいろあるのだが、ここはやはり1番人気の「はちみつポークのピザ」を食べてみよう。ピザ単品だと1550円、サラダとドリンクがついたセットだと1760円。

焼き上がり!

各テーブルにはハチミツのボトルが置いてあり、自由にかけられる! つまりハチミツ使い放題! 「はちみつポーク」自体が秋田のブランド豚「八幡平ポーク」をハチミツに漬け込んだ商品なのだが、さらにハチミツを足すことができる。

このボトルから……

惜しげもなく、とろ~り……

美味!! ハチミツで肉を食べるっていうのが本当~に旨い!

余った耳を、ハチミツでヒタヒタにするのも……

お菓子みたいで最っっっ高!

普段、具が少ないせいでモサモサの耳が余るのが嫌で、わざわざクリスピー生地にすることも多い筆者だが、ここでは耳が余るのは大歓迎。むしろ「耳だけくださーい!」と言いたくなる。

こんだけハチミツかけるんならピザじゃなくてもよくね? と思うかもしれないが、ハチミツをかけないマルゲリータも普通に旨い。ピザだけでも十分に旨いからそのまま食べたいのに、テーブルの上のハチミツボトルが誘惑してくる……というジレンマが!

・ショップもご紹介

前述の通り、ピザ工房はお客さんからのリクエストで後から作られたという付帯施設で、メインはハチミツやハチミツ加工品を扱う販売店舗だ。

このショップも素晴らしい。同じくドーム型の明るい店内に、所狭しとハチミツのボトルが並んでいる。

養蜂農家なので地場産のハチミツもあるし、世界各国から輸入した海外ハチミツもある。ミツバチの減少から国産ハチミツが貴重になっているのはご存知の通りだ。産地や風味がこれだけあると選ぶのに苦労するが、なんと贅沢にも試食がある。

お勧めは「はちみつフルーツ酢」の試飲コーナー。どれも甘くて美味しくて、酢の突き刺さるような酸っぱさが中和されているのでごくごく飲める。試飲だけ……と思って飲み始めたら、いつの間にか商品のボトルを何本も手にしてしまっている美味しさだ。

商品パッケージなどあちこちに登場する彼女の名は「みっちぃ」。なんと同店の公式キャラクターだ! 店内にはオリジナルグッズまである。さらに、毎年秋には「秋のはちみつ祭」というイベントを開催し、観光客から地元民まで1万人以上が来場、屋台やステージイベントで盛り上がるという。

最後に驚きの事実をお伝えしよう。ここまで確固とした世界観があり、季節のイベントでお客さんを楽しませ、オリジナルの商品開発をしながら「山のはちみつ屋」は「有限会社」だ。東北、恐るべし……。

・工夫とサービス精神で人が集まる
筆者が訪れたのは冬の週末だが、ピザ工房は開店と同時に席が埋まり、すぐにウェイティングが発生する状態だった。オンシーズンには行列になる日もあるだろう。近くに景勝地・田沢湖があるとはいえ、観光地化されているわけでも、市街地なわけでもなく、こんなところに行列が! と正直思うような場所なのにも関わらずだ。

けれど、美味しいピザがあり、贅沢なハチミツのサービスがあり、店舗ではあれこれ試食をしながらショッピングができて、ここを目的に人々が車を走らせてくる理由がわかる。すべては “おもてなしの心” なのだ。過疎化や高齢化などいろいろ課題はあるだろうが、地方の底力が感じられた。また来たい!

余談だが、近くの田沢湖がちょっと感動するくらいキレイなのでぜひ立ち寄って欲しい。美貌の村娘が変化したと言われる伝説の龍「辰子姫」に会えるかも!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 山のはちみつ屋 ピザ工房
住所 秋田県仙北市田沢湖生保内字石神163-3
時間 11:00~16:30(※ラストオーダー:閉店30分前)
休日 木曜日、年末年始
備考 ショップとは営業時間、休日が異なる

Report :冨樫さや
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ