エビ中、ヒャダイン書き下ろし曲で “水道水への愛” を歌とダンスで表現! <クボタ> WEBムービー『Sweet of Sweet ~君に届くまで~』



<ヒャダインさんコメント>
「美味しい水が飲める日本って最高ですよね!
楽曲、まず1番を聴いたらアイドルがファンの皆様に感謝する内容ですが、2番になったらおやおや?水の仕組みがわかっちゃう!
なんて便利な曲なんだろう!」

クボタは、日本の水インフラを支える方々への感謝と同社の水環境事業の想いを伝えることを目的とした『クボタ LOVE 水 プロジェクト』を「世界水の日」の3月22日(日)より始動。

それにともない、人気アイドルグループ「私立恵比寿中学(通称:エビ中)」が、水インフラを支える方々への感謝と高品質な日本の水道水の個性を、音楽プロデューサー・ヒャダインさん書き下ろしによるユニークな歌とダンスで表現した『Sweet of Sweet~君に届くまで~』を公開。

今回の作品は、楽曲はヒャダインさん、映像演出は池田一真さん、ダンスは振付稼業air:manさんと、いずれも日本のアイドルカルチャーシーンを代表するクリエイター陣が制作。
CMとしてではなく、ひとつのアイドル作品として楽しむことができる。

■歌詞に込められたメッセージ
エビ中のメンバーが歌う楽曲は、ヒャダインさんが作曲したオリジナルソングで、身近過ぎてつい見失いがちな「大切な存在への愛情」を、私たちにとって“あまりに身近な存在”である「水道水」になぞらえた1曲。
1コーラス目と2コーラス目が全く同じ歌詞になっていて、「個性を持ったアイドルの成長ストーリー」と、「水道水が世の中に届くまでのストーリー」の対比という構成になっている。

音で表現する水のイメージや、サビの空耳ワード、ポップで疾走感のあるメロディー、日本各地の水道水の個性をアピールする台詞パートの展開など、さまざまな工夫を施した楽曲に仕上がっている。

■「Sweet of Sweet」は「水道水」の空耳ワード!?
「Sweet of Sweet」は、アイドルにとっての「親愛なるファンのみんな」を指すワードでありながら、あたかも「水道水」と言っているようにも聞こえる、言葉遊びになっている。
このことを理解した上で歌詞を聴くと、サビの「ありがとう Sweet of Sweet」には、「親愛なるファンのみんな、ありがとう!」という意味と、「水道水、ありがとう!」というダブルミーニングになっていることがわかる。

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ