UGG からカリフォルニアのヨセミテ国立公園をテーマにした限定版スニーカー

IGNITE

2020/3/25 13:00


見た目の印象を決めるのは、全身のトータルなコーディネイト。足元は重要なポイントだ。
もし機能だけでスニーカーを選んでいるなら、ちょっと残念な印象になっているかもしれない。

機能的に優れた評価で人気の定番スニーカーに、月替わりの個性的なデザインをプラスしたコレクションを、UGGが展開している。



◾︎カリフォルニアの海岸で一人のサーファーによって設立されたUGG®

UGG®は、アイコニックなクラシックブーツで知られるグローバルライフスタイルブランド。

ハリウッドのセレブリティに続き、ファッションエディターに愛用され、やがて世界中に広がっていった。品質、クラフトマンシップに対する妥協のない姿勢を貫きながら、フットウェア、アパレル、ファッション小物、ホームウェアのデザインと販売を手掛けている。

世界各国の一流小売業者と提携しながら、UGG® のコンセプトストアおよびアウトレットストアを、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンジェルス、パリ、ロンドン、東京、上海、北京など、世界主要都市に130店舗以上を展開し、年間10億ドルを超える売上高を実現している。

◾︎12×12コレクションとは

UGGで人気のスニーカーCA805をベースに、大胆でユニークなデザインとカリフォルニアのストーリーにスポットライトを当てたコレクション。2020年1月から毎月異なるテーマで個性的なデザインにアップデートされた限定版CA805 スニーカーを発売している。

そして3月発売の第三弾”CA805 X Cedar Sneaker”のテーマは、カリフォルニアが誇るヨセミテ国立公園。

極めて機能性の高いCA805スニーカーをベースに、コルクのアッパーを採用し、樹木のテクスチャーにインスパイアされたエンボスプリントをはじめとする自然を感じさせるディテールがを施されている。

UGG®ブランドの本社があるアメリカ西海岸サンタバーバラの市外局番(805)からネーミングされた”CA805 Sneaker”。そこに、カリフォルニア州の特徴でもあるスタイルと機能性の融合を体現させたのが、12×12コレクション第三弾の”CA805 X Cedar Sneaker”。

レイヤーを重ねたファッショナブルなアッパーに、1日中クッション性が持続する厚底アウトソールを組み合わせた。アウトソールには、アスレチックフットウェアからインスピレーションを得た超軽量かつ極めて耐久性に優れたTreadlite by UGG™アウトソールコンパウンドを採用し、履き心地も快適。

CA805 X Cedar Sneaker(上:ホワイト/下:ナチュラル)¥18,000(税抜)

同じスニーカーがベースとは思えないほど、月ごとに全く印象が異なる12×12コレクション。足元を起点に、トータルなコーディネイトを考えるのも楽しそうだ。毎月発表されるUGG®の12×12コレクションは、今後もチェックは欠かせそうにない。

※12×12コレクションは、世界各地のセレクトショップでのみ、数量限定で販売されている。
日本で購入できるショップは、
UGG®銀座店
UGG®公式サイト(http://bit.ly/3ba55zv)
atmos各店(一部店舗除く)
atmosオンラインショップ(https://www.atmos-tokyo.com/)

UGG®/ Deckers Japan
URL: http://www.ugg.com/jp/

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ