アンタッチャブル、12年ぶりCM共演「代表作」と自信! 発表会で爆笑掛け合い


お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也と柴田英嗣が25日、都内で行われた地方競馬・競輪・オートレースのインターネット投票サイト「オッズパーク」新CM発表会に出席。26日より放送される新CMで12年ぶりにCM共演を果たした2人が、CMの魅力や撮影の感想を語った。

昨年11月にフジテレビ『全力! 脱力タイムズ』で10年ぶりにコンビ復活を果たしたアンタッチャブル。今回のCMは、山崎が商店街を舞台に、お茶の間、電車内などさまざまに転換するシチュエーションで「オッズパーク」を利用する姿を描いており、柴田は「オッズパーク」を楽しむ山崎の様子を遠巻きにのぞいたり、山崎からお尻ぺんぺんされる演出となっている。

発表会冒頭、山崎がCMで共演したダンサーとともにノリノリでダンスを披露。ド派手な登場で盛り上げた。そして、新CMについて「僕史上、No.1の作品。代表作ということでいいんじゃないでしょうか」と自信を見せ、「僕が何かあったときにはこれを会場で流してほしいです。最後のときはあのVTRを。笑いながら見送ってもらいたい。いい作品になったと思います」と冗談交じりに話した。

その後、司会者から「柴田さんは?」と聞かれ、山崎が「ちょっと仕事の都合により…」と返すと、柴田が「いるいるいる! いるよー!」と言ってステージへ。サプライズという演出だったが期待していたほどの反応が得られず、柴田は「こんなにスベッたの初めて! こんなに恥ずかしい登場初めてかもいれない」と嘆いた。

すると山崎が「もう1回やり直してもらっていいですか?」と提案し、柴田は「同じ結果になるから」と拒否するも、やり直すことに。だが、山崎が「来てますね」とサプライズをぶち壊し、柴田は「おい! なんで台無しにしちゃったんだよ」と猛ツッコミ。2人のやりとりに会場から笑いが起こった。

そして、山崎は「12年ぶりにしては自然な感じでやらせていただいているなと。お上手ですから。あの大役をこなして」と柴田の演技を称賛。ちょい役の柴田が「お前CM見たか! 現場で警備の人に『こちらお通りください』って言われた中に俺いたんだから」と通行人にまぎれていたことも明かしながらツッコむも、山崎は「それくらい役作りが」と褒めちぎった。

また、山崎が「12年ぶりだからやる気が違う。前日に『ちょっと合わせたい』って言われて。それくらい意気込みが」と話すと、柴田が「言ってない! うれしいっていう意味ではめちゃくちゃ意気込みありましたけど」と再びツッコミ。終始、息ぴったりの掛け合いでイベントを盛り上げた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ