椎名林檎、西村再生相と対面 イベント自粛によるエンタメ業界の苦境を訴える

西村康稔経済再生担当相が3月24日、大臣室にてシンガーソングライター・椎名林檎と対面したことをツイッターで報告した。新型コロナウイルスの影響による政府の自粛要請でイベントの中止が相次ぎ、多大な損失をこうむっているエンタメ界の現状を彼女は訴えたという。

お笑いコンビ・爆笑問題太田光の妻であり、彼らが所属する芸能事務所「タイタン」の太田光代社長が22日、自身のツイッターで「開催者の責任で死者出たら、開催者の責任って何かしら」、「私の会社も破綻覚悟です」、「無責任な日本政府に」と悲痛な思いを吐露した。「タイタン」公式HPでは、3月に開催予定だった3つの会社主催ライブ、同社が開校したコミュニケーションカレッジ「タイタンの学校」の修了公演の中止が発表されている。また所属タレントがゲスト出演予定だったイベントやライブもほぼ中止や延期になっているといい、タレントを30人以上抱える芸能事務所の経営者として黙っていられなかったようだ。

椎名林檎らによるバンド「東京事変」は、2月29日と3月1日に東京国際フォーラムホールAで予定通りライブを行うも、3月6日以降の大阪・仙台・札幌の計5公演を中止した。改めてメンバーらで話し合った結果、現在の国内の状況に鑑み中止を決めたという。しかし3月28日以降の福岡、名古屋、東京(NHKホール)について、実施するかどうかは明らかにされていない。

そのような状況のなかで3月24日、総理大臣官邸にイベントや展示会の関係者らを招き「集中ヒアリング」が行われた。イベントなどの開催自粛で生じた損失の一部を、政府が助成する仕組みを設けるよう求める意見が出されたという。また『西村 やすとし(nishy03)ツイッター』には「別途 #椎名林檎 さんも大臣室に来訪」とあり、西村再生相と椎名のツーショットが公開されている。「イベント開催できず、個人事業の照明など含め売り上げゼロの苦境理解。支援策強化へ」とあり、彼女も期待しているところであろう。

リプライ欄には「椎名林檎さんがイベント主催者側の苦境を訴えてくれたこと、大臣がそれを聞いて動いてくださるとのこと、林檎さんのファンとして、ライブを愛する者としてご両者に心から感謝申し上げます」「林檎さん倒れないで」と椎名林檎へのエールがある一方で、「椎名林檎さんのライヴ止めてください。福岡は数日後です。人命より大切なライヴなんてありません」「業績悪化の救済ではなく、防疫対策としての営業停止策でしょ? 中止に対し、税金から損失補填を前提に“政府の防疫策”として営業停止させなきゃダメですよ」と厳しい意見が見受けられた。また西村再生相と埼玉県が自粛を要請するなか3月22日に大規模イベントを開催した「K-1」だが、28日に後楽園ホール(東京)で行われる「Krush.112」について「何とかして止めてください!」との要望が寄せられている。

画像は『西村 やすとし 2020年3月24日付Twitter「#新型コロナウイルス感染症 の影響に関してイベント、金融の方から #集中ヒアリング。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ