アラサーで彼氏と別れた…やってしまいがちな「焦りのNG行動」4つ

ウレぴあ総研

2020/3/25 10:30

アラサーになると、一般的には結婚を現実的なものとして捉えるようになりますよね。

そんなアラサー世代で、彼氏と別れた、となるとつい焦ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、アラサーで彼氏と別れて焦ってしまい、ついとってしまいがちなNG行動をご紹介します。

■彼氏と別れてとってしまったNG行動とは?

■1:元彼に復縁を迫る

アラサーになると、周囲も結婚している友人が増えてきますよね。

周りの友人と比較してしまって、焦ってしまうこともあるでしょう。

ただでさえ、彼氏と別れた直後は気持ちが不安定な時期ですので、「もう私なんかと付き合ってくれる人はいないかもしれない」などと悲観的な思考に陥りがちです。

そんな思考に陥ってしまい、「元彼なら私を受け入れてくれるかも!」と元彼に復縁を迫るのはNGです。

正式に復縁という形ではなく、都合の良い女としてズルズル関係が続いてしまうなんてことにもなり兼ねません。

自分から元彼に連絡を取ることは、避けた方がよいでしょう。

■2:がむしゃらに出会いの場に出かける

早く次の彼氏を作らないと! と焦って、がむしゃらに婚活パーティーや合コン、マッチングアプリなどで出会いを求めることも実はNG行動。

自分自身では気づきづらいかもしれませんが、焦っている時の空気感は自ずと相手に伝わってしまうものです。

また、「誰でも良いから早く彼氏を見つけたい」という気持ちも、相手が感じ取ってしまったら良い印象には繋がらないですよね。

結果的に新しい彼氏ができることを遠ざけてしまうことになってしまいます。

いつまでも元彼を引きずってしまい、新しい出会いを避けてしまうということはもちろんよくありませんが、焦りは禁物。

自分自身と向き合いながら、無理のない範囲で新しい出会いを求めて活動することを心がけたいものです。



■3:理想ばかりを追い求める

年齢を重ねると、人を見る目が肥えてきます。

相手をきちんと見極めることはもちろんいいことですが、厳しい目を持ち過ぎてしまうのもいいことではありません。

「前の彼氏はこうだったから、別れに繋がってしまった。だから、次はこういう人と付き合わないと!」焦りゆえに、こんな風に付き合う相手への条件を知らず知らずのうちに高くしてしまうことも。

恋愛が終わると、自分と向き合っていろんなことを考えてしまいがち。元彼との恋愛が終わった原因や、自分が直した方がいいところ、自分に本当に合う相手はこんな人なのではないか。

深く考え、向き合うのは素晴らしいことですが、次は失敗できないという焦りから、理想の男性像を描きすぎてしまうのは考えもの。

全てを妥協してしまう必要はありませんが、思い込みに近いような考えは捨てた方がよいかもしれません。

■4:元彼の代わりになる異性と関係を持ってしまう

恋愛において、別れということは何度経験しても辛いもの。

寂しさ、人肌恋しさに焦りまでが加わって、つい出会って間もない異性と関係を持ってしまったり、冷静な時であれば受け入れないような誘いに気軽に乗ってしまったり……。

一時的に満たされて、寂しさを紛らわすことができるかもしれませんが、自分を誤魔化して関係を続けることは、新たな恋愛へと踏み出すチャンスを遠ざけることに繋がってしまいます。

寂しさ故に、好きでもない異性と関係を持つことは、あなた自身の価値を下げてしまうことにも繋がりますし、そんな軽率な行動をとったことによって自己嫌悪に陥ってしまうこともあるでしょう。



アラサーになっても、「別れ」は辛いもの。

年齢的に焦ってしまう気持ちもよく分かりますが、「別れ」から立ち直るためには時間も必要になってきます。

焦らず、自分の無理のない範囲で少しずつ、新たな恋愛への一歩を踏み出しましょう。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ