あいみょん、多部未華子主演ドラマの主題歌に「沢山の人に受け止めて欲しい」


女優の多部未華子が主演を務めるTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(4月14日スタート、毎週火曜22:00~)の主題歌が、シンガー・ソングライターのあいみょんの新曲「裸の心」に決定した。

このドラマは、仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさんが、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディ。仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子・相原メイを多部未華子が演じ、家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサを大森南朋、メイの仕事のライバルとなる田所優太を瀬戸康史が演じる。

あいみょんは「この曲ができたのは2017年。いつかいつか、と思っていた楽曲。ようやく聴いてもらえる日が来ました。この曲をリリースできることが本当にうれしいです。もう作詞作曲した時のことや、当時の心情をあまり覚えてなくて、それが理由か分からないけれど、トオミヨウさんから届いたアレンジを聴いて涙が出ました。ツアー中のホテルのベッドで何度も何度も何度も聴いたし、当時の私は一体なにを思ってこの曲を作ったのかを知りたくなりました」と楽曲について説明。「今回シングル曲でバラードのリリースは初めてですし、ドラマへの『起用』という形も初めてで、新鮮な気持ちと、緊張してます。でも、楽しみです。沢山の人に受け止めて欲しいなぁ」と心境を語っている。

主演の多部は「あいみょんさんはとても好きなアーティストさんだったので、今回主題歌を担当してくださると聞いた時は、うれしかったです。素敵な歌詞で、このドラマのどの場面で流れるのかを想像するとワクワクしてきますし、この曲に力を貰いながら、毎日の撮影を乗り越えたいと思います」と喜びコメント。

プロデューサーの岩崎愛奈氏は「毎日を頑張って生きる女性たちの言葉にできない思いを代弁してくれるような、そしてそっと寄り添ってくれるような、そんな楽曲を主題歌にしたいと考えた時、『あいみょんさんしかいない!』と思いました」と起用理由を明かし、「そしていただいたのがこの『裸の心』。初めて聞いた時、繊細で切ない感情と強くてまっすぐな歌声が、痛いくらいに心に沁みて、思わず涙ぐんでしまったことを鮮明に覚えています。女性ならきっと誰もがこんな気持ちを経験したことがあるはずです。あいみょんさんが、このドラマに鮮やかな彩りをもたらしてくださったことに、心から感謝しています。みなさまも是非お楽しみに!」とメッセージを寄せた。

主題歌「裸の心」は5月13日にあいみょんの10枚目のシングルとして発売されることも決定。また、CDの発売に先駆け4月28日より先行配信されることも決定した。そして、楽曲の世界観を組み込んだ新アーティスト写真&ジャケット写真、新曲の一部が視聴できる“very shortmovie”も公開される。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ