『エール』主演の窪田正孝、理想の夫婦像を明かす「出会うべくして出会った2人」

dwango.jp news

2020/3/25 08:00


俳優の窪田正孝が主演を務める、NHKの連続テレビ小説第102作となる『エール』の放送が3月30日(月)よりスタートする。

本作は『栄冠は君に輝く』や『六甲おろし』などの応援歌や、数々のヒット歌謡曲を生み出してきた作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルに、昭和の時代に人々の心に寄り添う曲の数々を生み出し日本を勇気づけようと奮闘した夫婦を描きだす。

連続テレビ小説で男性が主演を務めるのは、2014年度後期の『マッサン』の玉山鉄二以来となるが、そんな窪田に主人公・古山裕一を演じる上での意気込みや、ヒロインを務める二階堂ふみへの想いを聞いた。



クランクインから約5ヶ月が過ぎ、窪田は朝ドラと通常のドラマの撮影の違いを“スケジュールと挙げた。「基本的には土日休みで、月曜から金曜にスタジオに通い、たまにロケ。現代の話ではないので、タイムスリップした感じですね。毎日新しいセットで、新しい人に出会います」と明かしてくれた。そんな現在の心境は「仕事場に通う会社員のような気分。リズムが決まっているのはすごく楽なので、そこはすごく助かっています」と笑顔。

そんな窪田が連続テレビ小説に出演するのは「ゲゲゲの女房」(2010年)、「花子とアン」(2014年)に続き今作が3作目、しかも今回は主演としての出演だ。朝ドラ主演決定が報じられると、窪田の家族や親戚も喜んだそうで、その当時の心境を「プレッシャーじゃないですけど、僕自身もワクワクする心境になって、家族を喜ばせたいと思いました。それに、そういう人たちを喜ばせることが出来なかったら、視聴者を喜ばせることが出来ないと思っています」と打ち明けた。

窪田が演じる古山裕一は、作曲家・古関裕而氏がモデル。「古関さんのお人柄や性格の部分は肝として大事にしなければいけないと思っているんですが、あまり古関さんのことを勉強しすぎて台本より先に行きたくない気持ちもあります。極力情報として入れないように分別してやっています」と実在した人がモデルとなった役を演じることの難しさを明かしてくれた。「古関さんは戦争の時代を経験されていて、人の心の痛みを、言葉だけじゃなく、肌で感じてきているので、すごくわかる方だと思うんです。だからこそ、人に寄り添う音楽を作ることが出来たのではないかと思います」としみじみ。

今作のヒロインは二階堂ふみが演じるが、その二階堂を「一番の朝ドラの顔」と窪田は語る。撮影現場でも「ふみちゃんが一番輝ける場を作っていけたら」という想いで臨んでいるという。

二階堂が演じる音は、歌手としても活躍した古関裕而氏の妻・金子氏がモデル。その金子氏について「すごい方ですよね。いつの時代にも強い女性っていると思うんですけど、金子さんが先駆けのような気がします。自分に嘘がつけないまっすぐな人とお聞きしているので、ふみちゃんが演じるのは違和感がない。きっとこんな人だったんだろうな」と思いを馳せた。



裕一と音は文通がきっかけで交流がスタートするが「文通、とてもいいと思いますね。中学くらいの時に文通してたころを思い出します」と窪田は明かす。作中で登場する音から裕一へのラブレターはハートが書かれていたり、封筒のふちが赤く塗ってあったりするそうだが、それは実際の金子氏の手紙を元にしているとのこと。古関夫妻の文通の様子に「文章だと昔ながらの感じになっているので厳格な感じがするんですが、けっこうイチャイチャしているんですよ。出会うべくして出会ったんだな、と感じます」と微笑んだ。

そんな古関夫妻をモデルにした裕一と音は、窪田にとって「理想の夫婦」だという。裕一は作曲家、音は声楽家といういわば“同業者”である関係に触れ「裕一が作曲しているときに、音に夜食を持ってきてもらうんですが、その時『悪いんだけどちょっと歌ってくれない?』と歌ってもらう場面があるんです。それによって裕一はヒントを貰ったりするんです。同業者の夫婦だと話せることや理解し合えることもあって、そういう意味では強みじゃないかなと思いますね」と語った。

今回、裕一の父親・三郎役を唐沢寿明が演じるが、それについても並々ならぬ思い入れがあることを明かしてくれた。唐沢と窪田はドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(2015/日本テレビ)では義理の親子での共演だったが、今回は念願だった実の親子役。会見の際に「自分が朝ドラをやると聞いて、唐沢さんがスケジュールを開けてくださっていた」と唐沢への感謝の想いを語っていたが、撮影中の今もその気持ちは変わらない。「現場の立ち振る舞いや、人へのケア。全員が気持ちよくできる現場ってなかなかないんですよ」と唐沢に感謝しきり。「唐沢さんがいると僕も甘えられますし、あれだけ大御所なのに、フランクに接することが出来るのはあの人柄だからなのかな」と共演を心底嬉しそうに語った。



本作のタイトルにちなみ、窪田にとって“エール”とは何かと尋ねると「愛情だと思います。愛情がメロディーに乗っかって、いろいろな人に届いていく。今も『六甲おろし』などの曲たちが歌い継がれていることがすべての証明だと思います」と明かしてくれた。

そして窪田自身も音楽に励まされた経験があるという。それは、中学の文化祭で指揮者をやった曲『大地讃頌』を挙げ「中学生のときバスケをやっていたのですが、高校に上がる時すごく不安になって。この先どうしようとすごく悩んでた時によく聞いていたのを思い出します」と懐かしそうに振り返った。指揮者をやった理由については「ジャンケンで負けました(笑)」と照れ臭そうに笑った。

朝ドラの撮影は1年の撮影期間を通じて、一人の人物を掘り下げていく。窪田に“1年後、どうなっているか”と聞くと「1年後、特別なものはないかもしれないけど、達成感に満ち溢れているんじゃないかな」と撮影が終わったときの自分の姿に想いを馳せ、笑顔をみせた。

連続テレビ小説『エール』放送概要

3月30日(月)放送 スタート
毎週月曜~土曜
【総合】午前 8:00~8:15 (再)午後 0:45~1:00
【BSプレミアム・ BS4K 】午前 7:30~7:45 (再)毎週月曜~金曜 午後 11:00~11:15
※土曜は一週間を振り返り

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ