お花見の席でモテない人の特徴

カナウ

2020/3/25 07:30


お花見の席でモテない人の特徴

桜も芽吹いてきましたので、会社やサークル、親しい人同士でお花見をする機会が増えることでしょう。盛り上がるイベントは、気になる異性とぐっと近づくチャンスですよね。
しかし、残念ながら、行動次第では非モテ認定がされてしまいます。今回は、モテない女性の特徴をピックアップしました。

目次

1:お酒の適量を分かっていない


お花見の場では、ほろ酔い程度のお酒の量がベストです。
あまりに飲みすぎてしまうと、面倒な酔っ払いに思われてしまいます。
その上、寝てしまったり、歩いて帰れなくなったり、戻してしまったりしたら、女性として見られなくなってしまう人が大半かもしれません。
楽しく酔える範囲の酒量を心がけてくださいね。

2:みんなで分けにくい弁当を持ってくる


みんなでつまんで楽しむ場であるため、唐揚げやアスパラのベーコン巻き、おにぎりなど分けやすいものを持ってくるのが一般的です。
そんな中で、チャーハンなどみんなで食べにくいものを持ってきてしまうと、空気が読めないと思われてしまうかも。しかも、分けづらいものをもってくることでもしお弁当が大量に残ってしまったら、自分も残念な気持ちになりますよね……。

3:人とコミュニケーションを取るより食べることに集中


お花見やパーティーなど、自由に食事ができる場所では、ここぞと言わんばかりにとにかく食べようとする人が一定数います。
ですが、周りはそんな人を冷ややかにみているかもしれません……。コミュニケーションを取る場所なので、食事をとりつつも、積極的に人と話をしてみましょう。

4:ゴミを分別しない


ゴミをポイ捨てするのはもってのほかですが、紙やプラスチックなど出たゴミを分別しないで1つの袋にまとめているのを見ると男性でもドン引きです。
家事ができなそうなイメージがつくだけでなく、マナー違反だと思われてしまうでしょう。各地域によってゴミの分別ルールが違ったりするので、不安がある場合には調べるか人に聞いて見るのが良いかもしれません。

5:写真ばかりを楽しんでいる


花と女性というのは相性抜群。桜と一緒に写真を撮ればインスタ映えすること間違えなしでしょう。
ですが、あまりに自撮りに精を出していたり、花の写真ばかり撮っていたりすると、男性たちは「自分の存在を無視されているのでは……」と思ってしまいます。適度に周りに気を配りましょう。男性に一緒に取るお誘いをしたら、そこから会話も生まれるかもしれませんので、自分の中だけで完結せずに、積極的にまわりの人も誘っていきましょう。

6:短いスカートを履いている


モテにスカートは鉄板です。ですが、花見は座って楽しむのが基本であるため、短いスカートを履いてこられてしまったら、下品に思われてしまう可能性がありますし、男性は目のやり場に困ってしまいます。長いスカート、もしくはパンツスタイルで花見を楽しむのが良いでしょう。

7:ボディタッチをしている


男性の多くは、2人きりの時は良くても、みんなの前でボディタッチされたり、恋愛ムードになったりすることを好まない人もいます。
軽い女性に見られてしまう可能性があるので、みんなで楽しむ花見ではあからさまなアプローチを控えた方が良いでしょう。
まとめ
花見は大人数が集まる場所だからこそ、一層マナーが求められます。楽しみつつ、好きな人とぐっと距離が縮められたらいいですね。
(神崎なつめ/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ