『ハケンの品格』主題歌は鈴木雅之 東京ゲゲゲイとのコラボも

クランクイン!

2020/3/25 05:00

 女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の主題歌が、鈴木雅之の歌う「Motivation」 に決まった。

前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。小泉孝太郎、大泉洋も前作から続投する。

主題歌「Motivation」を歌う鈴木は、今年でデビュー40周年。同曲はドラマ放送開始日と同じ4月15日に発売される40th Anniversaryアルバム『ALL TIME ROCK ’N’ ROLL』に収録されている。ドラマ内ではアーティスト集団・東京ゲゲゲイとタイトルバックで初コラボ。東京ゲゲゲイが振り付けを担当したオリジナルダンスと共に披露され、華やかな歌声と“キテレツメンタルワールド”がドラマを彩る。

鈴木は「今年、デビュー曲『ランナウェイ』から40周年を迎えることができました。その記念すべき年に、ドラマ『ハケンの品格』の主題歌を担当させていただくことになり、ドラマ制作チームから『思わず踊り出したくなるナンバーを』というオーダーを受けて制作に臨み、40周年のヒストリーには欠かせないファンクテイストな一曲『Motivation』が完成しました」と報告。

楽曲については「より豊かな明日に向けて進んでいこうという意味も込められたラヴソングに仕上がっています」と話し、「昨今の世情を顧みるに、モチベーション上げて前向きに日々を過ごす糧となっていただけたら嬉しいです」としている。

ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ