カジサックは面白くないから成功?/芸能ユーチューバー「成否の境い目」(5)

アサ芸プラス

2020/3/25 05:59


 まさかここまで成功するとは─と多くの芸人を驚かせているのは、カジサックことキングコングの梶原雄太のことである。

「2019年12月までにチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退する」との公約とともに、「カジサックの部屋」(現在のチャンネル名は「カジサック KAJISAC」)を開設したのは、18年10月1日。一本目の動画は低評価が3万を超えるという厳しい船出だったが、順調に登録者を伸ばしていき、公約の期限を半年残し19年7月に100万人を達成。現在は、184万人にまでその数を伸ばし、200万人超えも見えてきた。

「かつて母親の生活保護受給騒動で大バッシングを受け、テレビの仕事を激減させた梶原ですが、有名芸能人であるというプライドを捨て、ヒカルやラファエルなど、人気ユーチューバーに教えを請い、本気で取り組んでいるという姿勢が視聴者に伝わっていきました。吉本興業にもしっかりと仁義を切り協力体制を得て、他チャンネルではなかなかお目にかかれない人気芸人のブッキングがしやすくなっているのも、大きな強みです。ほかの芸人たちがYouTubeで得る広告収入の取り分を上げるよう交渉し、それを認めさせた功績も大きい。様々な面で芸人ユーチューバーの在り方を変えた存在であることは、間違いありません」(芸能記者)

加えて、もともとその芸風がYouTube向きであったことが、極められた最大の要因だろう。

「梶原の相方のキングコング西野に、有吉弘行が“元気な大学生”というあだ名をつけたことがありますが、その雰囲気は梶原も同じ。本当におもしろいかどうかよりも、企画を純粋に楽しんでいる姿を見せられるかが成否を分けるYouTubeに、その軽い芸風が合っていましたね」(前出・芸能記者)

そんなにおもしろくないからこそ、成功したとも言える。

(露口正義)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ