人間に母親を殺された子猿、雌犬を慕いまるで親子のように(印)<動画あり>

仲が悪い間柄のことを「犬猿の仲」と言うが、このほどインドで話題になっている子猿と犬は違ったようだ。母親を亡くしてしまった子猿が親のように慕っているのは妊娠中の犬だった。犬から始終離れようとせず甘える子猿の姿は、まるで本当の母親だと信じて疑わないようにも見える。『The Sun』『Asianet News Hindi』などが伝えた。

インドのヒマーチャル・プラデーシュ州ソラン地区の村で撮影された犬と猿の動画が人々の心を温かくしている。撮影したのは写真家のプラカシュ・バダルさん(Prakash Badal、48)で村を訪れた当時、彼は鳥の写真を撮影しようとしていた。

ところがプラカシュさんは、鳥よりも貴重なシーンを目にすることとなった。出会ったのは、生後10日ほどと見られる子猿と腹部が大きく妊娠中と思われる犬が仲良く戯れる姿だった。動画では子猿が寝そべっている犬に抱きついたり、犬の前脚に両腕を巻きつけて甘える姿が捉えられている。

犬は嫌がることもなく子猿にされるがままとなって寝そべっているが、その様子は種を超えて本当の親子のように見える。プラカシュさんによると「子猿の母親は作物を荒らしたことで村人に毒殺されたのではないか」と語っており、子猿と犬についてはこのように述べている。

「この生き残った子猿を犬は受け入れたようです。犬と猿は仲たがいするものですが、この場合は母親がわりとなる犬の存在が子猿にとって非常に重要だったのです。」

「犬と子猿が出会った時、子猿はひとりぼっちだったんだと思います。犬はたとえそれが違う種の赤ちゃんだとしても母性本能がこの子猿を進んで受け入れたのでしょう。」

「この異なる種の親子関係は、違う人種や宗教だという理由だけで利己的に互いを殺しあう人間に対しての教訓になると言えます。」

また、この犬と子猿のことを知った人達からは次のような意見があがった。

「人間はトイレットペーパーをめぐって死ぬまで戦うと言うのに…。」

「動物は人間よりもはるかに優れている。私達人間は恥ずべきだ。」

「この犬から愛情、優しさ、忠誠心について多くを学ぶことができたら素晴らしいと思うよ。」

「こんな厳しい時期に温かい話が聞けて嬉しいよ。犬は最高だ。」

なかには「母猿が毒殺って、なぜ私達人間はそんなにも多くの動物を殺すのだろうか」と嘆く声もあった。しかし多くの人が子猿と犬の微笑ましい関係に、温かい気持ちになれたことは確かなようだ。

画像は『The Sun 2020年3月18日付「BEAST MATES Heart-warming snaps show heavily pregnant dog hugging orphaned baby monkey」(Credit: Caters News Agency)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ