ビデオ会議からポテチを食べる音を消す技術、マイクロソフトが開発

20200324-no-more-crunchy-video-calls
Photo: Dan Kitwood/Getty Images via Gizmodo US

コッソリ食べてもバレないぞ!

リモートワークで自宅作業中、ポテトチップスやらスナック菓子やらをガサガサ、パリパリと食べていると…突然のビデオ会議が勃発! そんな緊急事態に役立つのが、Microsoft(マイクロソフト)で開発中の「Real-time noise suppression」。リアルタイムに騒音を抑制する技術です。

人工知能が余計な騒音を識別&除去し、人が話す音声のみをクリアに送信することが可能となります。



このデモを行なったのは、Microsoftの通信部門で主任プログラム・マネージャーを務めているロバート・アイクナー氏。動画の後半から機能をオンにすると、見事に声だけになりました。

CNETによりますと、この技術は犬の鳴き声や掃除機のような騒音も消してくれるとのことです。もし作業のうしろでドタバタ、ギャギャーやってる子供たちの騒音も消してくれたら、お子さんを持つ方々も負い目を感じず堂々と会議に参加できそうですよね。

すでにこういう技術があった


Microsoftは2019年11月に、映像配信サービス「Microsoft Stream」のためにこの技術の前身となる騒音抑制機能を発表していました。これは1クリックで、カフェや路上だけでなく、工事現場でもうしろの騒音を消してしまう技術です。



今回のポテチ音抑制技術との直接的な関係は示されていませんが、こうした下地が活かされたんじゃないかと思うのです。

Skype以外にも利用可能に


この技術はTeamsで今年後半から利用可能になるそうで、FuturismではZoom、Google Hangoutsなどにも搭載されることになる、と伝えています。

ビデオ会議をする相手にもよりますが、百歩譲ってスナック菓子を食べながらのコミュニケーションが許されても、騒音は会話の内容を邪魔するかもしれないので、ないに越したことはありませんよね。いつまでリモートワークを強いられる状況が続くかわかりませんが、この機能は今後とも重宝しそうです。

Source: YouTube, Microsoft via CNET (1, 2) via Futurism

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ