MUCC ニューアルバム『惡』収録詳細とアートワーク公開

SPICE

2020/3/24 18:00


MUCCの15枚目のアルバム『惡』のアートワークと収録曲の詳細が発表となった。

全16曲のうち、新曲は11曲。既発の「アメリア」、「My WORLD」は、メンバー40歳を記念して開催されたツアー『MUCC BIRTHDAY CIRCUIT 2019「40」』にて、メンバーが各々作詞作曲した新曲を自分の誕生日公演に会場限定でリリースしたバースデーシングル。「生と死と君」は、2018年有期限活動休止から復活したMUCCメンバーがそれぞれ作曲した4曲を収録したシングル「時限爆弾」に収録されたミヤ(Gt)曲。「自己嫌惡」、「COBALT」は足掛け3年かけて全国47都道府県を巡った収監ツアーシリーズにて、会場限定で販売されたデモテープシリーズの曲を今回新たにレコーディング、既発曲は(惡MIX)と題して、書き下ろしの曲と合うようにミヤがMIXし直している。

また、「スーパーヒーロー」は、2018年『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #2「四国型収監4days」』にて初披露され、ファンからの人気も高く待望の音源化。「海月」は、期間限定メンバーとしてツアーに同行していたキーボードの吉田トオル作曲。カバー曲を除いてMUCCに外部の人が曲を書くのは史上初。この曲は、2020年ツアー『壊れたピアノとリビングデッド収監 Japan Tour GRAND FINAL ~収監始まりの地で大団円~』にて一足早く披露されていた。

「惡-JUSTICE-」、「目眩 feat.葉月(lynch.)」、「DEAD or ALIVE」、「アルファ」の4曲は、長く続いた収監ツアーを終えた後に各メンバーが新たに書き下ろした曲。「目眩 feat. 葉月(lynch.)」には、盟友lynch.のボーカル葉月がゲストボイス&スクリームとして参加している。

音楽的な側面で言えば、ラウド、ミクスチャー、パンク、オルタナ、フォーク、ポップス、EDM、ゴス、サイコビリーなど、ロックに取り込むことのできる要素は全て詰まったとも言える楽曲が出そろい、激しい曲からスローな曲まで幅広い奥行きのあるサウンドは、ミヤがこだわりのMIXを施した全16曲。

なお、アートワークは、デザイナー鈴木知一が担当。『絵画×ドローイングメッセージ』という全く新しい組み合わせのデザインの提唱や、平面の世界を越えた空間ディレクションのプロジェクトも現在進行中であり、常に既存概念にとらわれない新しい価値をデザインを通じて世の中に発信し続けている。今回のジャケットのイラストは何を意味しているのか? また、このアルバムにはある‘秘密’が隠されているとのことなので、この作品を手に入れて探してほしい。

そして、6月21日(日)にぴあアリーナMMで開催する『蘇生』のプレイガイド先行予約が3月25日(水)正午よりスタートする。

また、ニューアルバム発売とぴあアリーナMM公演に向けて、MUCC YouTube Channelがリニューアル。それを記念して、同チャンネル上にて3月25日(水)21時から毎週連続にて「MUCC YouTube Channel スペシャルプレミア公開」を実施。過去の希少ライブ映像の全編公開や、メンバーによるスペシャルコンテンツが“一度きり”限定上映される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ