加藤紀子マドンナ回のバス旅再放送!「神回」と呼ばれた理由とは?

アサ芸プラス

2020/3/24 17:45


 太川陽介と蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が3月25日、再放送される。これはリーダーの太川陽介がおすすめの回をピックアップし再放送するもので、すでに第13弾と15弾が再放送されている。今回は第12弾が選ばれた。

第12弾は三重県松阪市から長野県松本市の松本城を目指す旅。マドンナは女優の加藤紀子が務めた。この回はファンから「神回」認定されるほど大好評を得ている。

「この回は太川と蛭子、そして加藤のやり取りが最高におもしろい。特に蛭子の靴が壊れているのを見つけた加藤が、蛭子の靴にワラをあてがって、『お食べなさい』みたいに“藁を食べさせる”シーンは大爆笑ものです。蛭子がクズっぷりを発揮しているのもいい。ファンの中にはこの回が一番おもしろいという人もいます」(テレビ誌ライター)

さらに蛭子と太川がケンカし、蛭子の物言いに太川が激怒。「今回で最後にしよう」「最終回です」と、言い放つ貴重な場面もある。

「もうひとつおすすめなのが加藤の豊かな胸。彼女は連日、胸の大きさがよくわかる衣装で推定Fカップを揺らして奮闘しているんです。あれを見るためだけにこの回を視聴してもいいぐらい。圧巻ですね」(週刊誌記者)

蛭子は加藤がよほど気に入ったのか、2度目の最終回でお気に入りのマドンナとして加藤を呼んでいる。この時、加藤はお風呂シーンを披露した。

「第12弾では残念ながらお風呂シーンはありません。3日目の夜、温泉に泊まったにもかかわらずです。これは非常に残念ですが、それでも見応えはありますよ」(前出・週刊誌記者)

バス旅史上最高と評される第12弾。どこがおもしろいのか、実際に観て確かめてほしい。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ