ファミマ、コロナ対策で生活応援策を実施 - おにぎりやファミチキが100円


ファミリーマートは、3月25日から新型コロナウイルス緊急対策として、全国のファミリーマート約16,600店にて、6つの生活応援策を実施することを発表した(地域によって実施内容が異なる)。

生活応援策は食品の割引やぬりえ・学習教材の無料提供など、6つを実施する。

3月25日~28日の期間は、おむすびを税込100円(税込160円以上の商品は、税込150円)にて販売。3月31日~4月6日には、通常価格税込180円のファミチキを税込100円にて沖縄県を除く店舗で販売する。

さらに4月7日~4月13日の期間はパスタ全品50円引きを行い、FamiPay払いで30円相当のボーナスを還元する(沖縄県を除く)。また、4月7日~5月31日の12 : 00~21 : 59の間は、お母さん食堂2個セットを30円引きで販売。こちらはFamiPay払いで20円相当のボーナス還元を行う。

4月14日~4月20日の期間は、最大約240種類あるファミリーマートコレクション対象商品を20円引きにて販売する。地域によって対象商品が異なり、沖縄県では実施されない。

マルチコピー機「ファミマプリント」では、3月25日10 : 00~4月7日23 : 59の間、漢検50問テスト、たのしーと(工作やドリル)、ぬり絵が無料で印刷できる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ