前山剛久、納谷健、三好大貴・出演『十二夜』イラスト付きレポート!

 

 

2020年3月20日、シェイクスピアの喜劇『十二夜』が大人気俳優・前山剛久さんを主役に抜擢し開幕。

コロナウイルスの影響もあり、一部スケジュールを調整してのスタートとなりました。

 

本舞台の幕が上がることを心待ちにされていた方も多いのでは。
なんとこの度、DVDの発売&CS放送局・衛星劇場にて放送が決定したとのこと!
映像にて作品が残ります!めでたい!

本記事では、『めるも』にご出演いただいている前山剛久さん、三好大貴さん、納谷健さんにスポットライトを当て、一足先にイラストと一緒に、『十二夜』の見どころをご紹介します!

 

三好さんと納谷さんの『十二夜』の対談インタビューも実施!

記事はこちらから↓

 

<前編>

 

 

 

<後編>

 

 

 

 

生演奏と歌声に酔いしれる……。

 

公爵につかえる男装の麗人「ヴァイオラ」/前山剛久

 

本舞台の主役・ヴァイオラを務めるのは前山剛久さん。
難破船の船長に導かれ、イリリアで男装し、小姓としてオーシーノ公爵のもとで働くことになったヴァイオラ。

頭が良くて、楽器が弾けて、語学も堪能。おまけに歌まで歌えます。

本舞台は前山さんのギターの弾き語りが実現!
切なくも美しいその歌声は公爵に「心臓、キュー!ってなる」と言わしめるほど。

柔和なその表情にも釘付けです。

また、指先一つ一つの動きまでとても美しく繊細。
でも「男装」をしているのでわざと太い声を出し、笑いを誘うシーンも。

他者を否定せず、美しくも強い、前山さんのヴァイオラは必見です!

 

 

応援したくなるほどいじらしい!あれ?運動神経がバツグン過ぎ!?

 

一生懸命で真っ直ぐな伯爵令嬢「オリヴィア」/納谷健

 

 

ひょんなことからヴァイオラに想いを寄せることになる伯爵令嬢・オリヴィア役は、納谷健さん。

「かわいい」をめいいっぱい詰め込んだオリヴィアは、同じ女性でも憧れるほど!表情がころころ変わって、本当にステキ。

ただし、このオリヴィア、俊敏です(笑)。
女性らしい所作と、重力を感じさせない身のこなしに注目を。

 

 

鮮やかな剣捌きと包容力に釘付け!だ、だけど…?

 

“人たらし”な双子の兄「セバスチャン」/三好大貴

 

 

三好大貴さんが演じるのはヴァイオラの双子の兄・セバスチャン。
妹同様に容姿端麗。しかしいろんなことにどんどん巻き込まれていきます(笑)。

本舞台の彼・セバスチャンは、原作通りの“人たらし”な部分を再現しつつ、そこに包容力もプラス。(少し天然な部分も……?)

妹の窮地には、頼れる兄にも大変身!

2次元顔負けにスタイルが良い三好さんのレイピア捌きは華麗の一言!

 

さいごに

 

「1番笑えるシェイクスピア喜劇」の呼び声が高い本作。

本当に最初から最後まで笑いっぱなしの舞台でした。
暗いニュースの多い今だからこそ、触れてみていただきたい作品です。

(ぜひDVDのチェックを!)

なお、めるもでは引き続き、三好さんと納谷さんの特別企画を準備中!
そちらもどうぞお楽しみに!

 

 

新型ウイルスが猛威をふるう中、公演に踏み切られたキャストの皆様、運営の皆様、関係者の皆様に尊崇の意を表して。

イラスト・執筆/那須恵里香

 

■『十二夜』詳細

東京:2020年3月20日(金)~3月22日(日)本多劇場
大阪:2020年3月29日(日)~3月30日(月)COOL JAPAN PARK OSAKA  WWホール
※大阪会場に変更あり

・スタッフ
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
上演台本

・演出:青木豪

・キャスト
前山剛久、新納慎也、納谷 健、三好大貴
坪倉由幸、清水宏
木場允視、根本大介、宮澤和之
阿南健治、春海四方、小林勝也

楽隊/ギター:助川太郎、アコーディオン:佐藤芳明

公式HP:https://12th-night.westage.jp/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ