カズレーザー『ガンダム』のしくじり語る 人気なく打ち切りに


お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが、27日(23:15~)に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特別編に出演し、『機動戦士ガンダム』の“しくじり”について解説する。

『機動戦士ガンダム』は79年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。シリーズ作品も多く制作され、プラモデルも人気だが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後という。

放送当初は人気がふるわず、全52話を予定していたにもかかわらず、43話で打ち切りに。しかしながら、1年後の再放送で人気に火がつき、劇場版の制作へとつながった。

なぜ最初の放送時に人気が出なかったのか、カズレーザーは「子どもたちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘する。放送では、『機動戦士ガンダム』に秘められた“4つのしくじり”を分析。カズレーザーが『機動戦士ガンダム』から導きだした、大事な教訓とは。

生徒役には、タレントの伊集院光、アイドルグループ・日向坂46の小坂菜緒、お笑いコンビ・ぺこぱなどが出演する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ