年度末に注意したい「小さな交通違反」ベスト3

ラジオライフ.com

2020/3/24 16:05


交通違反の取り締まりは、特に厳しくなる時期が決まっています。それが春と秋の全国交通安全運動週間。あとはノルマの締めとなる月末です。同じ月末でも、年末の12月と年度末の3月はさらに注意が必要になります。年度末によく取り締まられるために気を付けたい「小さい交通違反」を見ていきましょう。

年度末に注意したい「小さな交通違反」ベスト3

交通機動隊員に捕まえやすい交差点


交通取り締まりを専門とする交通機動隊には「目標件数」といわれるノルマが存在しています。例えば、新人は月100件の交通違反を取ることが目標。目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとします。

優秀な交通機動隊員は各自、捕まえやすい陸橋など“持ち場”を押さえているもの。そういう人は、持ち場を回ってスピード違反車を効率的に取り締まるのです。できる人は1日で20件も取って来るといいます。

一方で、優秀ではない隊員は月末になっても必死に違反車を探すハメになるというわけ。先輩の持ち場を借りたりして、なんとか目標件数を越えるために必死に努力。このため、月末は小さい交通違反ばかりが取り締まられることになるのです。

交通機動隊員が見逃さない交通違反


月末や年度末によく取り締まられる交通違反の筆頭が「通行帯違反」。高速道路では、追い越し車線を走り続けると違反です。「左側追い越し」もよく取り締まられる交通違反。追い越し車線を使わず、左側の通行帯から追い越すのは違反です。

月末は「一時停止無視」にも要注意。踏み切りや一時停止線などで停まらないクルマを、月末の交通機動隊員は見逃しません。このほか、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の交通違反ばかりが狙われます。

テールランプの電球切れなど「整備不良」も格好のターゲット。運転者は意外に気づかない場合が多いので注意しましょう。原付きの2段階右折無視もよく取り締まられます。月末は白バイが交差点で待機していると思って間違いありません。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ