川澄奈穂美、電話中継で櫻井翔の『“オリンピアン”として…』に「現役選手へのリスペクト感じた」

米女子サッカーリーグ、スカイ・ブルーFCに所属する川澄奈穂美選手が、3月23日放送の日本テレビ系ニュース番組『news zero』にテレビ電話で生出演した。彼女は東京オリンピックの聖火リレーで女子サッカー日本代表・なでしこジャパンの2011年メンバーたちと第一走者を務める予定だったが参加辞退を表明しており、その件について日米の電話中継でメインキャスター・有働由美子、月曜キャスター・櫻井翔がインタビューしたものである。川澄選手は放送を終えてTwitterで「news zeroに電話出演させていただきました」と振り返っているが、なかでも櫻井の「オリンピアン」という表現に感じるところがあったようだ。

川澄奈穂美選手は米ニュージャージー州を本拠地とするプロ女子サッカークラブ、スカイ・ブルーFCでプレーしているため、東京五輪の聖火リレーに参加するには日本に入国する必要がある。そのため新型コロナウイルスを感染させてしまうリスクを考えて辞退を表明したという。

『news zero』ではニュージャージー州と現地時間午前10時過ぎにテレビ電話でつながった。「外出自粛で街も人は少ない印象」という川澄選手は自身もリーグからの自宅待機要請により、自宅や近所の人が少ない広場でトレーニングをしているそうだ。

このたびの聖火リレー参加辞退については「人命が一番大切ということに重きを置いて決断」したと表現しており、アメリカで暮らすことにより新型コロナウイルスが世界的に感染拡大する深刻な状況を肌で感じていることがうかがわれた。

東京オリンピック・パラリンピックが延期になる可能性も出てきたことから、櫻井翔が「オリンピアンとしてどう受け止めていらっしゃいますか?」と川澄選手に質問したところ、「誰もが早く収束してほしいと願っており、もちろんオリンピックに向けてやるべきことはやるが、今は一人の人間としてどうすべきかを考える時ではないか」との趣旨を答えていた。

オンエア後には『Nahomi Kawasumi 川澄奈穂美』Twitterで電話中継を振り返るなか「櫻井さんの『“オリンピアン”として…』という私へのお言葉、何気ないですが現役選手へのリスペクトを感じ、すごく嬉しかったです。選手として東京五輪出場できるよう頑張ります」とつぶやいており、モチベーションが高まったようである。

彼女のツイートには「なほちゃん、勇気ある決断だよ。オリンピックを取材してきた櫻井さんだからこその言葉ですね。とにかく無事でいてね」、「奈穂美さん流石櫻井さんですね。アスリートの方へのリスペクトが素晴らしい。新型コロナウイルスに負けずに頑張りましょう」、「櫻井さんのオリンピアンって言葉はじわった。今は出来る事を精一杯頑張ろう! そして、東京五輪に出場しよう!! 応援してる!!」などの反響があった。

そんな川澄奈穂美選手は3月7日にオフィシャルブログで「渡米に向けてひたすらお肉を食べる肉ウィークを開催」と焼肉を食べまくるところを投稿していたが、その時は楽しみにしていた聖火リレーへの参加を辞退するとは思いもよらなかっただろう。

画像は『Nahomi Kawasumi 2020年2月7日付Instagram』『川澄奈穂美 2020年3月7日付オフィシャルブログ「肉納め」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ