笠井信輔『テセウスの船』に感謝「倦怠感とか忘れちゃう」 エピローグに「どう理解すれば?」と疑問も

2019年9月末にフジテレビを退社してフリーに転身、同年12月に悪性リンパ腫に罹患していることを公表し、現在闘病中の笠井信輔アナウンサーが最終回を迎えたTBS系日曜劇場『テセウスの船』についてブログに綴っている。映画を愛する笠井アナだが、このドラマを毎週楽しみに観ていたそうで「面白いドラマを見ている時は、倦怠感とか忘れちゃうんですよね」と感謝している。

3月22日放送の『テセウスの船』最終話の平均視聴率が番組最高の19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。高視聴率からも、このタイムスリップを絡めたミステリーで黒幕がいったい誰なのか気になった人が多かったと言えるだろう。

真犯人や黒幕を推理する視聴者も少なくなかったが笠井信輔アナもそのひとりで、24日付のブログで「真犯人… はずれました(笑)」と明かした。「本当に毎回ドキドキ、『心(竹内涼真)さん、どうすんだよ』『もう無理でしょ』なんてつぶやきながら見てました」とかなりハマっていた様子の笠井アナは「『テセウスの船』は、過去に戻って未来(現在)を変える、タイムスリップとミステリーを融合させた非常に凝ったドラマでした」と評しているが、「ただ最終回に関して言わせていただければ、最後の30分ちょっと急ぎすぎたかなと」「新しい情報がたくさん出てきて、(抗がん剤の影響なのか)うまく理解する前にあれよあれよと言う間に真犯人が出てきた感じでした」と最終話を30分拡大ではなく、もう1話増やして欲しかったと少し残念そうだ。

さらに『テセウスの船』の最終回のエピローグについて、「誰が何をどこまで覚えていて、心(竹内涼真)さんは、どの時点から現在をやり直したのか?」「いったい家族(特にお父さんとお母さん)は、過去に起きたことのどこまでを覚えていて、今を生きているのか?」と疑問点を挙げて、「これをどう理解すればいいのか?」と考えてしまったようだ。

笠井アナは先日、5回目の抗がん剤治療を終えたばかり。「この3か月間、日曜夜9時は本当に楽しませてもらいました。昨日は抗がん剤がまだ残っていて体が相当きつかったんですが、キリンとテセウスでなんとか乗り切ることができました。面白いドラマを見ている時は、倦怠感とか忘れちゃうんですよね」と好きなことがもたらす効果に触れて、「本当に感謝しています。」と続けた。

ブログでは映画に精通している笠井アナらしく、タイムスリップものの傑作映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)や『戦国自衛隊』(1979年)を紹介したり、タイムスリップで過去を変えたときに生じる矛盾「タイムパラドックス」についても綴っている。

ほぼ毎日ブログで情報を発信している笠井アナ。病室では人気コミック『鬼滅の刃』も読んでいるようだが、次クールも笠井アナが治療の辛さを忘れられるドラマがあるだろうか。ブログ読者からは「笠井さんも楽しめて良かったです! 副作用に負けず踏ん張って下さいね」「お好きな話題で気が紛れれば、私たちも嬉しいです」「笠井さんのドラマ評面白くて、大好きです」などのコメントが寄せられている。

画像2、3枚目は『TBS日曜劇場「テセウスの船」公式 2020年3月23日付Instagram「テセウスの船、さいごまで見ていただきありがとうございました」』『笠井信輔オフィシャルブログ 2020年3月20日付「5回目の抗がん剤投与、終わりました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ