二人暮らしのダイニングテーブル事情!機能性と美しさをバランス良く

folk

2020/3/24 01:00

二人暮らしのダイニングテーブル


二人暮らしのお部屋では、どのようなダイニングテーブルが使われているのでしょうか。今回は、5組の二人暮らしを拝見してみましょう。

2人で使うのだから小さいサイズのダイニングテーブルを選ぶ人もいますし、お客様がいらした時に対応できるよう4人用のサイズを選ぶ人もいます。

ダイニングチェアの選び方もいろいろです。デザイン性と機能性の両方で満足できるダイニングテーブルを見つけてみませんか。

45平方メートルの1LDK

リビングとダイニングをミックスして


リビングとダイニングをミックスして

https://www.goodrooms.jp/

45平方メートルの1LDKに二人暮らしされているカップル。

リビング機能とダイニング機能を分けずにミックスしているスタイルです。

古材とアイアンを組み合わせた、インダストリアルな雰囲気のテーブルは、短辺を壁に付けたレイアウト。

一方にレザーソファ、一方にダイニングチェア、そして残る短辺に一人掛けのレザーチェアをセットしています。

経年変化が楽しめる素材選び


経年変化が楽しめる素材選び

https://www.goodrooms.jp/

一人掛けのレザーチェアの後ろは、シェルフやワゴンでゆるく目隠しをしたキッチンエリアです。

スタイリッシュな黒のウォーターサーバーを壁面に沿わせて設置し、キッチンへの動線を確保。

さらにその隣置かれたマガジンラックは、カフェスタイルのインテリアを盛り上げるアイテムです。

ラスティックな経年変化が楽しめる木材やレザーに鮮やかなグリーンが映えています。

54平方メートルの1LDK

リノベーションで生まれた広々空間


リノベーションで生まれた広々空間

https://www.rigna.com/

2つの洋室と1つの和室がある3LDKのマンションを1LDKにリノベーションしたお部屋です。

もともとのLDKのキッチン部分に6.3畳の洋室と6畳の和室を合わせたのが、こちらの新しいLDKスペース。

黒い壁が、シックな印象を与えています。

リビングエリアのソファの背面がダイニングエリアなので、リラックスタイムは視界に入ってこないレイアウトです。

フローリングでゾーニング


フローリングでゾーニング

https://www.rigna.com/

シンプルで直線的なデザインのダイニングテーブルは、壁面にダイニングチェアを並べ、対面にはベンチシートセットしています。

ベンチシートは、人数が多少増えても対応できるフレキシブルさが魅力的。

背もたれがないデザインなので、すっきりとして見える点もポイントです。

リビングエリアとのゾーニングは床材で。ダイニングエリアはぬくもり感のある木のフローリングです。

60平方メートルの1LDK

窓際にダイニングテーブルを


窓際にダイニングテーブルを

https://www.goodrooms.jp/

60平方メートル弱の1LDKで二人暮らしをされているお部屋です。

13畳ほどのオープンな空間を、ゆるやかにゾーニングしたダイニングエリアとリビングエリアが印象的。

リビングエリアは、L字型ソファと鮮やかなラグマットでコーナーを作り上げています。

ソファの手前にベッドルームがあり、ダイニングテーブルの左サイドがキッチンという間取りです。

落ち着きのあるクロス使い


落ち着きのあるクロス使い

https://www.goodrooms.jp/

窓際のダイニングテーブルには、ナチュラルな印象のテーブルクロスがかけられています。

壁もカーテンも白いので、清潔感と落ち着きのあるスペースに。持ち手の付いたフラワーベースに生けているお花も、白を選んでいます。

下に敷いているマットや木のプレート、カラフェのフタは、ナチュラルなブラウンでまとめています。

2人でゆったり座れるサイズ感で、壁から話せば4人でも使えそうなテーブルです。

60平方メートルの2LDK

白×ウッドの組み合わせ


白×ウッドの組み合わせ

https://www.goodrooms.jp/

真っ白い壁と天井に、明るい色味のフローリングが組み合わされたナチュラルな空間です。

リビングダイニングの広さは、およそ9.2畳。家具の配置に余裕があることや、たくさんの観葉植物が置かれていることが、リゾートホテルのようなリラクシー空間を作り上げるポイントになっているのでしょう。

ユニークなラグは、インテリアのアクセントになっています。

ダイニングテーブルはDIY


ダイニングテーブルはDIY

https://www.goodrooms.jp/

こちらのダイニングテーブルは、室内の色味に合わせた白×ウッド。天板の色もフローリングに合わせて選んだそうです。

チェアは白のイームズをセレクトして、ナチュラルモダンなスペースにまとめています。

普段は二人で使うので、天板の短辺をキッチンカウンターの側面にくっつけた配置です。

お客様がいらした時は、テーブルの位置を変えて4人で使えるようにします。

細長いお部屋

3分割のレイアウト


3分割のレイアウト

https://www.goodrooms.jp/

続いてのお部屋を上からの俯瞰図風に見てみると、ドアを開けて細長く続く空間であることがわかります。

ダイニングスペースは、左手奥の窓際。お隣にはグリーンのラグを敷いてリビング、さらに右手にはキッチンがあります。

こちらのお部屋でも、フローリングとダイニングテーブルの天板の色味がそろっています。

全体的に見て、右手のキッチンは白い家具、左手のリビングダイニングはウッディな家具です。

ダイニングチェアは2脚ずつ


ダイニングチェアは2脚ずつ

https://www.goodrooms.jp/

ダイニングテーブルには椅子が4脚セットされていますが、デザインが2脚ずつのおそろいになっています。

普段は二人暮らしなのでダイニングチェアは2脚しか使いませんが、お客様がいらした時のたのめにダイニングチェアを4脚用意しておくと便利です。

4脚セットでももちろんOKですが、2脚ずつ、あるいは1脚ずつバラバラのデザインを選んでも楽しそうです。

二人暮らしのダイニングテーブルを選ぼう


今回ご紹介したのは、長方形タイプのダイニングテーブルです。コンパクトなサイズのものは、普段使いにぴったりです。

4人用サイズのダイニングテーブルは、お客様がいらした時に実力を発揮。普段は、お仕事やお勉強のスペースとしても活用できるでしょう。

人数が増えても対応しやすいベンチやソファを組み合わせるレイアウトも参考になります。ライフスタイルに合わせたダイニングテーブルを選んでください。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ