ライアン・レイノルズ夫妻&イーサン・ホーク娘、新型コロナの影響懸念 フードバンクに寄付 

クランクイン!

 新型コロナウイルス感染拡大が、さまざまな形で世界中の人々に影響を及ぼしているが、俳優のライアン・レイノルズと女優のブレイク・ライヴリー夫妻が、困っている人に無償で食料を提供する活動を行うフードバンクの団体に100万ドル(約1億円)を寄付したことを明かした。また、6月にデビューアルバムをリリースするモデル・女優のマヤ・ホークも、アルバムの売り上げの一部をフードバンクに寄付する予定だそうだ。

ブレイクとライアンはそれぞれ、SNSを通じて「新型コロナウイルスが年配の人々や低所得の家庭に容赦なく影響を与えています。ライアンと私(ブレイクと僕)はフィーディング・アメリカとフードバンク・カナダに100万ドルの寄付を分配します。皆さんも支援できるのであれば、これらの団体が協力を必要としています」と明かし、協力を呼びかけた。

ライアンはメッセージの最後に、いたずら合戦を繰り広げている俳優のヒュー・ジャックマンの“偽”電話番号を掲載し、笑いを取ることを忘れなかった。

俳優のイーサン・ホークと女優のユマ・サーマンを両親に持ち、話題の海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演するマヤ。2019年には歌手デビューを果たし、今年6月にデビューアルバム『Blush(原題)』のリリースが決まった。

JustJaredによると、マヤはその発表と同時に、シングル曲「Be Myself(原題)」とミュージックビデオをリリース。アルバムやシングルなどの売り上げの一部を、フードバンクのニューヨーク支部に寄付するという。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ