秋山莉奈が演じるナオミやイカデビルの姿も 映画『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』場面写真&あらすじを解禁

SPICE


2020年4月24日に封切られる『東映まんがまつり』から、『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』の場面写真とあらすじが公開された。

『東映まんがまつり』は、1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトルのひとつ。アニメだけでなく、実写映画『フィンガー5の大冒険』や『がんばれ!!ロボコン』などさまざまなジャンルの作品が上映された。1990年の春まで使われたタイトルが、2019年に29年ぶりの復活。今回の『東映まんがまつり』で上映されるのは、『映画おしりたんてい テントウムシいせきのなぞ』、『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』、『映画 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 つりたい焼き』、『りさいくるずー まもれ!もくようびは資源ごみの日』の4作だ。
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会

『仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!』は、2010年に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダーTHE MOVIE超・電王トリロジー』以来10年ぶりの新たな『仮面ライダー電王』シリーズ作。公開されたあらすじでは、主人公となる10歳の少女アンナ(高尾 日歌)がママとケンカして家を飛び出し、ショッカーに追われてデンライナーに乗ることが明らかに。アンナは“平成元年”の過去の世界でモモタロスたちと大冒険を繰り広げ、10歳の少女・メロン(佐々木 告)と出会う。
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会
(C)石森プロ・東映(C)2020東映まんがまつり製作委員会

解禁されたカットでは、おなじみのモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスらイマジンたちがデンライナーで全員集合した様子のほか、秋山莉奈が演じるナオミの姿も。さらに、ショッカー大幹部にして初代仮面ライダーの宿敵・イカデビルも登場している。

『東映まんがまつり』は2020年4月24日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ