外出禁止令下で恐竜の着ぐるみ姿で外出した男性 警察「犬の散歩は認めますがティラノサウルスは認められていません」(スペイン)<動画あり>

新型コロナウイルスの感染者数が中国を追うように増えつつあるスペインだが、この事態を重く見た同国政府は対策として今月14日に非常事態宣言を発令し、国民に対して通勤、通院、食料や薬を買うなどの必要最低限以外の外出を禁止する措置をとった。ところがこの措置を無視し、肉食恐竜のティラノサウルスの着ぐるみを着て外出していた男性の動画が地元警察署のSNSにアップされた。『Mirror』『Daily Mail Online』などが伝えている。

スペイン南東部のムルシア州にあるムルシア地方警察のTwitterに今月16日、ティラノサウルスの着ぐるみを着た男性の姿を捉えた動画が公開された。スペインは新型コロナウイルスの感染者が急増していることから、国民の不要不急の外出を禁じている。しかし動画に映る男性はそれを無視して外を出歩いていたのだ。

この様子を目にした警察官は、男性を呼び止めて警告したようだ。そしてTwitterには投稿された動画とともに「非常事態が敷かれた期間中は単独で犬を連れての散歩は認められていますが、ティラノサウルスは認められていません」とあった。

動画には同署のSNS担当者に遊び心が湧いてしまったのか、BGMに映画『ジュラシック・パーク』のオープニングソングが使われており、その中でバツが悪そうにしているティラノサウルスの格好をした男性が警察に頭を下げる様子があった。この動画は今月19日時点で既に490万回以上も再生され、多くの注目を集めることとなり次のような意見が寄せられた。

「これは本当に笑わせてくれたよ。ありがとう!」

「僕達、ティラノサウルスと同じように絶滅するのかな。」

「笑っちゃいけないと思ったけど、もう可笑しくて止められなかったよ。」

「この男性はゴミ出ししてただけだよ。家を出るには十分正当な理由だ。こんなちょっとしたユーモアは特に悪いことではないと思うよ。彼は私達を笑わせてくれた。」

実は男性はこの時、単にゴミ出しのために外へ出ていたようだ。別に撮影された動画では、ティラノサウルスの着ぐるみを着て、歩きづらそうに身体全体を左右に揺り動かしながら大きなゴミ袋を外の大型コンテナまで運び、捨てた後に焦った様子で小走りで自宅に戻る“ティラノサウルス”の姿が捉えられている。『Daily Mail Online』によると、この男性は警察官に「自宅に戻らなければ逮捕することになる」と言われたところ、「この格好でスーパーマーケットへ行くことはできますか?」と訊ねたようだ。

新型コロナウイルスの暗い話題ばかりの中で、多くの人がこの男性の動画によって笑いを与えてもらったようだが、なぜ彼がティラノサウルスの着ぐるみを着ていたのか、理由は伝えられていない。

画像は『Tony LV 2020年3月17日公開 YouTube「Detienen a Tiranosaurio Rex en plena cuarentena en España Jaja」』のサムネイル

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ