渡辺直美、『ドラ恋』初の“ベッドシーン”決定に歓喜

Entame Plex



恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』の#8が、3月14日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑さ(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦。

この日の放送では、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の第5話の主役を決めるペア決めとオーディションの模様をお届け。

ペア決めでは、男女関係なくクジの番号順で相手を指名し、ひらりーがタクヤを、みことがほくと、チワがはづきを指名し、残ったたすくとわかながペアに。1番を引いたにも関わらず、たすくではなくタクヤを指名したひらりーは「もう私の中では、たすくくんはないです。だから、たすくくんとみことちゃんを応援します」とたすくへの想いを断ち切ったことを明かした。

一方、わかなとペアを組んだたすくは「1番引いたら、ルール関係なしに『俺はづきちゃんと組みたいんですけど』って言おうと思ってたっす」と衝撃発言。さらに「俺はもうはづきちゃんが好きですね。みことちゃんは好きじゃないです、今は」と、みことからはづきへの心変わりを宣言。

そんなたすくに、渡辺直美は「怖い怖い!こんなに心動いた!?」と動揺し、あ~ちゃん(Perfume)も「ヤバ過ぎる…」と呆然とするなど、MC陣は大パニック。



その後、ドラマ第5話では、番組史上初のベッドシーンがあることが明らかになり、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「ありがとー!」、渡辺も「ヨッシャー!」と叫ぶなど、MC一同大興奮となった。そして、オーディションでは、ひらりー&タクヤ、みこと&ほくとの2組が選ばれ、1週間後のドラマ撮影当日、実際にベッドの上で演技を披露する二次審査で主役が決定することに。メンバーで唯一ドラマ出演を果たせずにいたチワは、またしても不合格となり、「どうしたらあと一歩…」と号泣していた。

(C)AbemaTV

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ