前山剛久、新納慎也、納谷健らの『十二夜』大阪公演の日程・会場を変更し上演へ

エンタステージ

2020/3/18 15:59


014326.jpg

青木豪が上演台本・演出を手掛ける『十二夜』が、大阪公演の一部日程・会場を変更し、代替公演を行うことを発表した。公演を予定していた近鉄アート館がやむを得ず3月末まで行われるすべての公演を中止したことから、この決断に至ったという。

このため、3月29日(日)から3月31日(火)まで予定されていた公演は、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールに場所を移し、3月29日(日)・3月30日(月)の2日間に短縮される(30日19:00公演に予定していたアフターイベントは中止)。

手持ちのチケットは、そのまま希望公演に振り替えての観劇が可能で、会場変更に伴う特別な手続きなく、当日に未使用のチケットを持参すれば好きな公演に入場できるとのこと(その際の座席はブロック指定/指定ブロック内自由席)。また、3月31日(火)に予定していた千秋楽公演は中止となり、該当公演のチケットは振替対象チケットとなる。
※東京公演において中止となった公演チケットは振替対象外

なお、大阪公演は全日完売となっていたが、会場変更により追加の席が用意できるようになったため、当日引換券が販売される。チケットは、3月24日(火)10:00より各公演前日まで受付。当日券は各回開演の60分前より販売開始される。

◆公演情報
『十二夜』
【作】ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】松岡和子
【上演台本・演出】青木豪
【出演】
前山剛久、新納慎也、納谷健、三好大貴 / 坪倉由幸、清水宏 / 木場允視、根本大介、宮澤和之 / 阿南健治、春海四方、小林勝也

【公式サイト】https://12th-night.westage.jp/

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ