あるある?「子供のころ楽器習っていたのに今は弾けない……」その理由とは

めるもPR

2020/3/18 07:00

 

PR:ヤマハ音楽振興会

 

子供の習い事でも人気の音楽教室。 みなさんの中にもピアノやエレクトーンなど楽器を習っていたという方も多いはず。

 

そんなみなさんにご質問です。 次の動画の方のように、大人になった今でも楽器の演奏ができますか?

 

 

演奏している5人の共通点は……?

 

いかがでしょうか。素晴らしい演奏ですよね。こちらの動画で演奏している5人は、プロではなく小学生から成人までの一般の方。

 

「子どもの時に楽器習っていたけど、大人になった今は弾けない……」という方と彼ら5人は何が違うのでしょうか。

 

そんな彼ら5人の共通点は、幼児期にヤマハ音楽教室に通っていたということ。

 

それではなぜ、幼児期にヤマハ音楽教室に通うといいのでしょうか?

 

音楽力が身につくのは幼児期

 

4~5歳の幼児期は、音楽的な聴感覚が最も発達する時期と言われているそうです。音楽を聴く、歌うことで「音感」が身につく時期なのです。

 

「音感」は音階の聞き分け、リズム、音の強弱など音楽を形成する様々な要素で、すべての音楽の基礎となる力です。

 

この力が将来的に楽器演奏力や表現力の向上に役立ち、楽譜がなくても演奏できたり、アレンジや作曲を楽しめたりと、単なる演奏技術だけではない、一生音楽を楽しめる力につながっていくのです。

 

 

550万人が選んだヤマハ音楽教室

 

音楽の力は自分の世界をどこまでも広げてくれます。

 

ヤマハ音楽教室が目指すのは、子どもたちが自ら音楽を楽しめるようになること。さらに単に楽器演奏という技術を身につけるだけでなく、音楽を通して、想像力、表現力、集中力、協調性、といった様々な力を育み「生き抜く力」を育てていきます。

 

ヤマハ音楽教室では、幼児期から様々な音楽に触れ、聴く・歌う・弾くなど総合的な音楽教育を行い、グループレッスンを通じて協調性を養うこともできます。

 

もし、お子様の習い事でお悩みでしたら、550万人が選んだヤマハメソッドでお子様の可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ一度、お近くの「ヤマハ音楽教室」でご相談してみてください。

 

「ヤマハ音楽教室」公式サイトはこちらから

 

(文・めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ