新型コロナウイルス感染拡大による、海外の音楽イベント/コンサートへの影響まとめ(随時更新中)

Billboard JAPAN

2020/4/10 16:00



2019年の年末以降、日本を含む世界各国で感染が広がる新型コロナウイルス(COVID-19)。4月10日の時点で、全世界で160万人以上の感染が確認されており、【サウス・バイ・サウスウェスト】を皮切りに、【コーチェラ・フェスティバル】、【ウルトラ・ミュージック・フェスティバル】、【ロックの殿堂】入り式典、【レコード・ストア・デイ】などの大型音楽フェスティバルやイベントの開催中止や延期が相次いでいる。

また、米大手コンサート・プロモーターのライブ・ネイションやAEGは、コンサート業界のリーダーたちとともにグローバル対策本部を立ち上げ、大規模なコンサートの開催を見合わせる共同提案を発表しており、これをうけて、ビリー・アイリッシュ、ポスト・マローン、シェール、KISSなどのアリーナ・ツアーが延期となっている。

ここでは、海外での音楽イベント/コンサートの動向や感染拡大を防ぐために各国が行っている対策を取り上げる。リストは、随時更新される。

<4月10日>
◎ケンドリック・ラマー、テイラー・スウィフト、ポスト・マローン、リトル・ミックス、デュラン・デュラン、パール・ジャムらがヘッドライナーを務める予定だった、英ロンドンのハイド・パークでの恒例コンサート・シリーズ【BST Hyde Park】の開催が中止に。今年は7月2日から7月12日にかけて行われる予定だった。

◎デンマークの【Roskilde Festival】が2021年へ延期。今年50周年を迎える同フェスにはケンドリック・ラマー、テイラー・スウィフト、ザ・ストロークス、トム・ヨークらが出演予定だった。

◎同じくデンマークの【NorthSide Festival】も2021年に延期。グリーン・デイ、マッシヴ・アタック、ロビン、ウィーザーらが出演予定だった。

◎フー・ファイターズ、ポスト・マローン、カミラ・カベロらが出演予定だったポルトガル・リスボンの【Rock in Rio】が来年6月へ延期。

◎フランスで6月19日から21日まで開催予定だったメタル・フェスティバル【Hellfest】が中止に。デフトーンズ、フェイス・ノー・モア、システム・オブ・ア・ダウン、ジューダス・プリーストらがラインアップに名を連ねていた。

◎オーストラリア・パースにて予定されていた80sミュージックをテーマにしたフェス【Rewind Festival】が来年へ延期。7月17日から19日のフェスには、ウェット・ウェット・ウェット、ビリー・オーシャン、バナナラマらが出演予定だった。スコットランドで開催予定だった姉妹フェスも同様に来年へ延期。

◎米ラスベガスにて5月に開催予定だったEDMフェスティバル【Electric Daisy Carnival】が、10月2日から4日へ延期。

◎スリップノットやステインドが出演予定だった米オクラホマ州の【Rocklahoma Festival】の開催が中止に。

◎米テキサスの【JMBLYA】が秋へ延期。エイサップ・ロッキー、リル・ウージー・ヴァートらがラインアップに名を連ねている。

◎5月19日から20日に予定されていた米ニューオリンズの【Buku Music + Art Project 2020】の開催が中止に。タイラー・ザ・クリエイター、フルームらが出演予定だった。

◎6月19日から28日まで開催予定だったカナダのジャズ・フェスティバル【Vancouver International Jazz Festival】が中止に。

◎ジェイムス・テイラーが、ジャクソン・ブラウンをスペシャル・ゲストに迎えて行う予定だった27公演に及ぶ夏の北米ツアーを延期。

◎トゥールが、 6月下旬まで予定されていたの北米ツアーを延期。

◎ナイル・ホーランが、4月から12月に予定してした大規模なワールド・ツアーを延期。

<4月1日>
アメリカ:
◎5月14日~9月26日にかけて開催予定だったジャスティン・ビーバーによる【2020 Changes Tour】の全45公演が延期に。振替日程は、後日発表される。

◎ポスト・マローン、トラヴィス・スコット、エイサップ・ロッキーがヘッドライナーを務める予定だったマイアミの【Rolling Loud】が、5月8日~10日から来年2月12日~14日へ延期に。

◎マイケル・ブーブレが、5月2日~19日にかけての【An Evening With Michael Buble】の北米日程を延期。彼は、すでに3月17日~4月5日の日程を延期していた。

◎モダン・イングリッシュが、『After the Snow』発売40周年を記念した6月~7月の北米ツアーを延期。

◎8月30日~9月7日にネバダ州ブラック・ロック・デザートで予定されている【Burning Man 2020】の主催者がチケット発売を延期。


<3月31日>

アメリカ:
◎ビリー・アイリッシュ、ポスト・マローン、ラナ・デル・レイらが出演予定だったアラバマ州の【Hangout Fest】が開催中止に。5月15日~17日まで開催予定だった。現在主催者がリスケジュールの可能性を検討中。

◎5月1日~2日にかけて、マイアミで開催予定だった【III Points】が10月16日~17日に延期。ザ・ストロークス、ロビン、ウータン・クランらが出演予定。

◎6月5日~7日にかけて、NYで開催予定だった【Governors Ball 2020】が中止に。テーム・インパラ、フルーム、ヴァンパイア・ウィークエンド、ミッシー・エリオットらが出演予定だった。

◎7月1日~5日に開催予定だった【Essence Fest 2020】が、秋へ開催を延期することを発表。ヘッドライナーは、ジャネット・ジャクソンとブルーノ・マーズが務める。

◎BTSが、【Map of the Soul Tour】 の北米日程を延期。

◎リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドが、春~夏のツアー日程を来年へ延期。

イギリス:
◎KISS、アイアン・メイデン、システム・オブ・ア・ダウンらを迎え、6月12日~14日に開催予定だった【Download Festival 2020】が中止に。来年は6月4日~6日に行われることが明らかになっている。

◎ライオネル・リッチー、スノー・パトロール、デュラン・デュラン、ルイス・キャパルディらが出演予定の【Isle of Wight Festival】も中止に。来年は6月17日~21日に開催。

ヨーロッパ:
◎今夏開催予定だったクイーン+アダム・ランバートによる【Rhapsody Tour】のヨーロッパ日程が来年5月~7月へ延期。振替日程も発表されている。

◎ボン・イヴェールが、4月から開催予定だったヨーロッパ・ツアーを2021年1月に延期。

◎スペイン・バルセロナにて6月3日~7日にかけて開催予定だった【Primavera Sound】が、8月26日~30日に延期。ラナ・デル・レイ、バッド・バニー、タイラー・ザ・クリエイターらが出演予定だった。

◎6月2日~5日にフランス・カンヌで開催予定だった、毎年恒例の音楽ビジネス・カンファレンス【Midem】が、バーチャル開催へ変更。


<3月25日>

◎カミラ・カベロが、ニュー・アルバム『ロマンス』をひっさげたワールド・ツアーの延期を発表。5月26日~7月1日までヨーロッパ日程、7月29日~9月26日まで北米&カナダ日程が予定されていた。

◎レディー・ガガが、ニュー・アルバム『クロマティカ』のリリース延期と4月30日から5月11日までのラスベガス常設公演の中止を発表。

◎7月30日~8月2日にかけてシカゴで開催予定の【ロラパルーザ・フェスティバル】がラインアップ発表を延期。

◎6月18日~21日にかけてデラウェア州で開催予定だった【ファイアフライ・フェスティバル】が中止に。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ビリー・アイリッシュ、ホールジー、カリード、ブリンク182らが出演予定だった。

◎7月2日~5日にポートランドで開催予定だった毎年恒例の【Waterfront Blues Festival】が中止に。

◎開催延期になっていた【ロックの殿堂】入り式典が、11月7日に行われることが発表。

◎ルーファス・ウェインライトが、4月~5月の北米ツアーとロンドン公演をキャンセル。

◎ハインズが、ニュー・アルバム『The Prettiest Curse』のリリースを6月5日へ延期。同時に、5月~6月の北米&カナダ・ツアーを秋に延期。

◎イヴ・トゥモアが、4月~5月にかけての北米&カナダ、ヨーロッパ・ツアーを延期。

◎ハリー・スタイルズのUK/ヨーロッパ・ツアーが、2021年2月~3月に延期。

◎デクラン・マッケンナ、ニュー・アルバム『Zeros』のリリース&4月に予定されていたUKツアーを延期。

◎4月最終週に南アフリカ・ケープタウンなどで開催予定だった【インターナショナル・ジャズ・デイ2020】が中止に。


<3月24日>

アメリカ:
◎メタリカがヘッドライナーを務める予定だった5月開催のフェス【Epicenter】、【Welcome to Rockville】、【Sonic Temple】が中止に。加えて、グレタ・ヴァン・フリートと行う予定だった4月の南米ツアーを延期。

◎4月18日~19日にテキサス州で開催予定だったダンス・フェスティバル【Ubbi Dubbi】が中止に。カスケード、グリフィン、イレニウムらが出演予定だった。

◎メンフィスにて、5月に開催予定だった【Beale Street Music Festival】が延期に。ザ・スマッシング・パンプキンズ、ウィーザー、The 1975、リアム・ギャラガーらが出演予定だった。延期日程や払い戻しに関しては3月27日に発表される。

◎アトランタで開催予定だった【SweetWater 420 Fest】が、2021年4月23日~25日へ延期。オイスターヘッド、スヌープ・ドッグ、トレイ・アナスタシオ・バンドが出演予定だった。

◎デトロイトで開催予定だったダンス・ミュージック・フェスティバル【Movement Detroit】が9月11日~13日に延期。

◎6月下旬~7月上旬にかけて、ウィスコンシン州で開催予定だったコンサート・シリーズ【Summerfest】が、9月上旬~中旬に延期。ガンズ&ローゼズ、ジャスティン・ビーバー、カリード、ブリンク182、ホールジーらの公演が行われる予定だった。

イギリス:ボリス・ジョンソン英首相が、必需品の買い物、医療や治療、不可欠な通勤などを除き、国民の外出を3週間にわたり原則禁止する封鎖措置を発表。同居人以外の2人以上の集会も禁止。

◎5月1日~3日に開催予定だった【Liverpool Sound City】が、9月25日~27日へ延期。

◎5月13日~16日にかけて、ブライトンで開催予定だった【The Great Escape】が中止に。市内35会場で400組以上のアーティストのライブが行われる予定だった。

◎パルプのフロントマン、ジャーヴィス・コッカーによる“Jarv Is…”が、UKとアメリカ・ツアーが延期に。UKツアーは11月に振替、アメリカ・ツアーに関しては、後日詳細が発表される。

スウェーデン:
◎6月9日にストックホルム開催予定だった【Polar Music Prize】が2021年5月22日へ延期。ソングライターのダイアン・ウォーレンとオペラ歌手のアンナ・ネトレプコの表彰は、来年の授賞式で行われる。1989年から続く授賞式の開催中止は今年が初めて。


イビザ:

◎毎年恒例のダンス・ミュージックのコンファレンス【IMS Ibiza】が延期に、年内にヴァーチャル開催される。今年は、ブライアン・イーノが、キーノート・スピーカーに選出されていた。

<3月18日>
アメリカ/カナダ:トランプ米大統領とトルドー加首相の同意のもと、アメリカとカナダの国境を一時的に閉鎖へ。貿易や物流は対象外。

◎6月12日~14日にかけて、米テネシー州で開催予定だった【ボナルー・フェスティバル】が、9月24日~27日へ延期。ヘッドライナーは、トゥール、リゾ、テーム・インパラで、リゾは女性ソロ・アーティストとして、同フェス初のヘッドライナーに抜擢されていた。

◎カリフォルニア州ナパにて5月22日~24日に開催予定だった【ボトルロック・フェスティバル】が10月2日~4日に延期。出演アーティストは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、デイヴ・マシューズ・バンド、スティーヴィー・ニックス、マイリー・サイラス、カリードなど。

◎ジョージア州アトランタで、5月1日~3日にかけて開催予定の【シェイキー・ニーズ・フェスティバル】が10月16日~18日に延期。ザ・ブラック・キーズ、ザ・スマッシング・パンプキンズ、ザ・ストロークスがヘッドライナーを務める。

◎【コーチェラ・フェスティバル】の主催者が手掛ける、80年代のアクトに焦点を置いた新フェス【Cruel World Festival】が、5月から9月12日に延期。モリッシー、バウハウス、ブロンディー、ディーヴォらが出演予定。

◎トゥールが、4月16日~5月5日にかけての北米日程を延期。

◎エンジェル・オルセンが、4月に北米南部で開催予定だったツアー日程を延期。

◎キング・ギザード & ザ・リザード・ウィザードが、4月~5月にかけてのUS/カナダツアーを延期。

◎ザ・ゾンビーズが、4月に予定されていたUS/カナダ日程を延期。

◎スパイク・ジョーンズ監督によるビースティ・ボーイズのドキュメンタリー『Beastie Boys Story』の全米劇場公開が延期。

イギリス:ロンドンの複数の地下鉄駅が当面閉鎖に。

◎今年50周年を迎える予定だった【グラストンベリー・フェスティバル】の開催が中止に。

◎プッシーキャット・ドールズが、再結成UK/アイルランド・ツアーを10月19日~11月2日へ延期。

ヨーロッパ:
◎5月12日~16日にかけて、ロッテルダムで開催予定だった【ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2020】が中止に。

オーストラリア/ニュージーランド:ニュージーランドは現地時間木曜日0時、オーストラリアは現地時間金曜日21時以降、国民と居住者を除くすべての人を対象に入国を禁止。また、ニュージーランドでは、会社、学校、公共交通機関を除く屋内での100人以上の集会を禁止。

◎5月29日~6月7日にかけて開催予定だった【メルボルン・ジャズ・フェスティバル】が中止に。

◎プッシーキャット・ドールズ、ジェシー・マッカトニー、スマッシュ・マウスらが出演予定だった【So Pop】が中止に。シドニー、パース、ブリスベン、アデレード、オークランドなどで開催予定だった。

<3月17日>
アメリカ:50州すべてで感染者を確認。現在までに108人が死亡し、感染者は6,300人以上に達している。

◎ザ・ローリング・ストーンズの【No Filter Tour】の北米日程が延期に。5月8日~7月9日にかけて開催予定だった。

◎4月23日~26日、4月30日~5月3日にかけて開催予定の【ニュー・オーリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェスティバル】が秋に延期。日程や詳細などは、追って発表される。ザ・フー、デッド&カンパニー、スティーヴィー・ニックス、フー・ファイターズ、リゾ、ノラ・ジョーンズらの出演が決定していた。

◎サウス・カロライナの音楽フェス【High Water Festival】がキャンセルに。ウィルコ、ナサニエル・レイトリフ、メイヴィス・ステイプルズらが出演予定だった。

◎ZZトップが、3月20日~28日の間にラスベガスのヴェネチアンで行う予定だった常設公演が延期。

◎スティーヴン・マルクマスが、3月~4月に行う予定だった【Traditional Techniques Tour】を延期。

◎オイスターヘッドが、4月のツアーを延期。バークレーのグリーク・シアター公演は、翌年の同じ日に振替となっている。

◎4月29日にラスベガスで開催予定だった【2020 ビルボード・ミュージック・アワード】が延期に。米ビルボードと米TV局テレムンドが共同主催する【2020 Latinfest+】と【ビルボード・ラテン・ミュージック・アワード】も同じく開催延期が発表。

EU:30日間にわたり、非加盟国からEUへの入国を原則禁止。

◎7月上旬からのBTSのヨーロッパ・ツアーのチケットのプリセールが4月29日、一般発売が5月1日に延期。

イギリス:外務省が不要不急の海外渡航を避けるよう勧告。

◎サム・フェンダーが、予定されているUKツアーを延期へ。

◎マイケル・キワヌーカが、UKツアーを8月と9月に延期。

◎ザ・フー、ポール・ウェラー、ノエル・ギャラガー、マムフォード&サンズらが出演予定だったロイヤル・アルバート・ホールでの【Teenage Cancer Trust】チャリティ・コンサート・シリーズが延期に。

台湾:19日午前0時以降、外国人の入国を原則禁止。

オーストラリア:スコット・モリソン首相が非常事態を宣言し、全国民の海外渡航を全面的に禁止。また、100人以上の屋内での集会も禁止。

<3月16日>
アメリカ:ドナルド・トランプ米大統領が、今後15日間は10人以上の集会を自粛するよう要請。

◎【Where Do We Go? Tour】の3月中の日程を延期していたビリー・アイリッシュが、4月17日までの日程も延期することを新たに発表。

◎エルトン・ジョンが、【Farewell Yellow Brick Road Tour】の3月26日~5月2日の北米日程を来年へ延期。

◎フー・ファイターズが、結成25周年を記念した【Van Tour 2020】を4月から12月に延期。

◎デイヴィッド・リー・ロスが、ラスベガス常設公演の最後の6公演を延期。

◎ダイアナ・ロスが、5月のハワイ公演をキャンセル。

◎マリーナが、4月の北米ツアーをキャンセル。

◎3月29日にLAで開催予定だった【iHeartRadio Music Awards】が延期に。アッシャーが司会を務め、リゾ、ジャスティン・ビーバー、ホールジーらがパフォーマンス予定だった。

カナダ:自主隔離中のジャスティン・トルドー首相が、カナダ国民と永住者以外の入国禁止を発表。アメリカ国民の入国は、禁止対象から当面除外される。

イギリス/ヨーロッパ:ボリス・ジョンソン英首相が、パブ、バーやレストランを避け、可能な限り在宅勤務すること、家族が感染した場合、同居者全員に14日間は自己隔離するよう要請。

◎ルイ・トムリンソンが、来週から開催予定だったUKツアーの日程を延期。

◎ジェイミー・カラムが、【Taller Tour 2020】の残りのUK日程を延期。

◎クレイグ・デイヴィッドが、【TS5 World Tour 2020】の5月中のヨーロッパ日程をキャンセル。

◎ビッフィ・クライロが、9月~2021年1月にかけて行う予定のUK、ヨーロッパ、オーストラリア・ツアーのチケット販売を延期。

オーストラリア:16日以降、オーストラリア連邦政府が500人以上の集団イベントの開催を禁止。首都のシドニーを含むニューサウスウェールズ州では違反した場合、11,000豪ドル(約72万円)以上の罰金が科せられ、懲役を受ける可能性もある。また、オーストラリア政府は、海外からの渡航者に対して、14日間の自己隔離措置を求めている。

◎4月9日~13日にかけて開催予定だった今年の【Byron Bay Bluesfest】が中止に。およそ12万5000人のファンが毎年訪れ、昨年30周年を迎えたフェスには、デイヴ・マシューズ・バンド、クラウデッド・ハウス、パティ・スミス、アラニス・モリセットらが出演予定だった。

◎7月23日~25日かけて開催予定の音楽フェスティバル【Splendour in the Grass】が、3か月後の10月23日~25日へ延期。フルーム、ザ・ストロークス、タイラー・ザ・クリエイターらがヘッドライナーとして発表されていた。

◎3月21日~4月4日に開催予定だったザ・ナショナルのオーストラリア/ニュージーランド・ツアーが12月7日~20日に延期。

<~3月16日>
アメリカ:米疾病予防管理センター(CDC)が、新型コロナウイルス対策ガイドラインを改訂し、コンサート、フェスティバル、パレードなど、今後8週間にわたり、50人以上の人が集まるイベントの開催を中止または延期するように勧告(3月15日)。

ポルトガル:国家非常事態を宣言。100人以上の集会を禁止(3月15日)。

南アフリカ:屋外・屋内での100人以上の集会を禁止(3月15日)。

ニュージーランド:学校などを除く500人以上の集会を禁止(3月15日)。

スペイン:非常事態を宣言。仕事や生活必需品の買い物以外の外出を制限(3月15日)。

フランス:14日深夜0時以降、薬局、食料品店、ガソリン・スタンドなどを除き、すべて商店の休業と自宅待機を政府が要請(3月14日)。

カナダ:ブリティッシュコロンビア州やケベック州での250人以上の集会を禁止、アルバータ州やオンタリオ州での250人以上、ニュー・ブランズウィック州で150人以上の集会の自粛を要請(3月12日)。

スコットランド:16日以降、500人以上の集会を自粛するように呼びかけ(3月12日)。

フィリピン:大統領が首都マニラへの出入りと夜間の外出を禁止(3月12日)。

ドイツ:ベルリンの劇場、オペラ、コンサート会場で行われる500人以上のイベント開催を4月19日まで禁止(3月11日)。

イタリア:薬局や食料品店などを除き、すべて商店の営業を禁止(3月11日)。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ