ブルゾンちえみの新たな旅立ちにファン複雑 「お願い、日本にいてください!」

お笑いタレントのブルゾンちえみ(29)が、3月いっぱいで所属事務所であるワタナベエンターテインメントを退社することが明らかになった。海外に出て見聞を広めたいという彼女の希望を受け入れ、事務所も快く送り出してくれたそうだ。

2017年元日に放送された『ぐるナイ!おもしろ荘』(日本テレビ系)に“ブルゾンちえみ with B”として出演し、“キャリアウーマン”ネタで優勝。同年3月に行われた『R-1ぐらんぷり』決勝にも進出し、ピン芸人としての実力も認められたブルゾンちえみ。彼女の活躍はバラエティだけにはとどまらず、翌4月からスタートしたドラマ『人は見た目が100パーセント』では桐谷美玲、水川あさみと並ぶ主要キャストに抜擢されるなど目覚しいものだった。8月には『24時間テレビ「愛は地球を救う」』で当日発表のチャリティーランナーとして、学生時代の陸上部の経験を活かし見事90kmを完走するなど、2017年の芸能界はまさにブルゾンちえみ一色であった。

だが2018年7月、西日本豪雨で被害を受けた実家のある岡山県でボランティア活動に参加したことがきっかけに、ブルゾンは社会貢献や環境問題に関心を持つようになったという。タレント活動を休止するという選択はせず、本名の藤原史織に戻って海外に渡り勉強がしたいと事務所に申し入れ、円満退社となったようだ。

このネットニュースを受けて、13日の『Buruzon Chiemi buruzon333 Instagram』には様々な声が寄せられている。「カッコイイ、最高です! これからも応援しています!」「新たなスタートを切るとのこと。行ってらっしゃーい! 健康に気をつけて、マイペースで人生を楽しみながら、時々私達にも発信していただけたら嬉しいです」「たくさん勉強して、いろんな体験をしてきてくださいね!」などの励ましのコメントと、「とっても寂しいです。この一言しか…」「海外、すぐいっちゃうの?」「ブルゾンさんにお願いがあります。日本にいてください!」とブルゾンが日本を離れることを悲しむ声が見受けられた。各国に感染が広がっている新型コロナウイルスの影響もあるのだろう。

10日に“with B”として一緒に活動してきたお笑いコンビ・ブリリアンの解散が発表された時、ブルゾンちえみはインスタグラムのストーリーで「お互いどんな形でも頑張ろうね!」とエールを送っていた。2020年春、3人はそれぞれの夢を叶えるため新たな道を歩むこととなった。

画像2枚目は『Buruzon Chiemi 2020年3月13日付Instagram「数ヶ月前から予定していた遠足登山」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ