ナイツ塙『R-1』審査法に「あれはダメでしょ」と苦言 「あの1票の差は取り戻せない」

3月8日に放送されたプロのひとり芸日本一を決定する『R-1ぐらんぷり2020』(関西テレビ・フジテレビ系)では、マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝した。新型コロナウイルスの感染拡大防止策として初めて無観客で開催されたことも注目を集めたが、ナイツの塙宣之は審査方法に「あれはダメでしょ」と疑問を持っているようだ。

『R-1ぐらんぷり2020』では、すゑひろがりず南條、ワタリ119、ヒューマン中村、ほしのディスコ(パーパー)、SAKURAI、ななまがり森下、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、メルヘン須長、ルシファー吉岡、守谷日和、おいでやす小田に加えて、敗者復活枠で大谷健太が勝ち上がり、優勝を目指して競った。

まず出場芸人12名が3組のブロックに分かれてそれぞれネタを披露、そこから「Final Stage」に進む1名を決定。「Final Stage」では勝ち上がった3名がもう1本ネタを披露して、優勝者が決まる。審査は審査員の桂文枝関根勤久本雅美陣内智則友近勝俣州和がそれぞれ3票を持ち投票したが、その他にお茶の間dボタン投票とTwitter投票で一般視聴者も審査に参加できた。これらはそれぞれ1位に3票、2位に2票、3位に1票入る仕組みだ。

この審査方法に『M-1グランプリ』で審査員の経験もあるナイツ・塙宣之は、14日放送のTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』で疑問を呈した。「『R-1ぐらんぷり』は難しいね」という塙は、「審査員がまず3票を持っているのが、ちょっと俺はどうなの?(って思う) 点数にしてあげないとちょっときついよね」と投票制ではなく点数制にすべきだと主張。その理由として「点数だったらさ、だいたい85から100点ぐらいの差になるじゃない。(でも投票制の)あの1票の差は取り戻せないよね」と見解を示した。

さらに「あれ難しいのがさ、たとえば点数にしたら85点、84点、83点だとするじゃない? だけど1票入れなくちゃいけない。そうすると1、1、1…同じ点数をつけてるってことになる」と微妙な差があっても同じ得票数になってしまうことにも言及した。続けて「世の中に点数をつけた意味」として、原始時代にマンモスを誰が食べるか決めるときに、挙手などでは食べたい度合いに差がつかないと話し、「(点数制で)細かくやるのを知恵で作ってきたわけじゃん」と点数制の誕生を推測し、「あれはダメでしょ、やっぱり」と投票制に苦言を呈した。

実はナイツは、無観客だとルシファー吉岡が有利だと予想していたのだが、ルシファー吉岡が苦戦したことにナイツ・土屋伸之は「(自分たちの予想が)恥ずかしいね」「無観客かどうかは関係なかったね」と塙と同じく「難しい」とこぼしていた。

画像2枚目は『R-1ぐらんぷり 2020年3月8日付Twitter「『R-1ぐらんぷり2020』優勝者が決定!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ